ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

『相棒』がヒットしている様子な場合

 ドラマ『相棒』の映画がヒットしてるみたいですね。


 普通、ここから『相棒』について切々と語るもんですが、
映画を見たわけでもなければ、ドラマのほうも一回くらいしか見たことがないんですよね(笑)。

 そもそも私、
「『刑事貴族』は水谷豊ではなく圧倒的に舘ひろし」派ですから。(「郷ひろみはもってのほか」派にも属する)

 元々、
「『あぶない刑事』はユージ(柴田恭兵)よりタカ(舘ひろし)」派(つまり、タカ派)ですし。

 とはいえ、
「タカ&トシはトシ」派。


 それは単に舘ひろしが好きなだけなんじゃないか?という話にもなりかねませんが(笑)、それにもまして水谷豊があんまり好きじゃなかったんですよ。

 でも、ドラマ『相棒』一回だけ見たとき、すごい面白かったんですよね。
 水谷豊が『刑事貴族2』と全く違うキャラで、これが妙におかしくてよかったのです。
 因みに相棒の寺脇康文は、同じようなキャラで『刑事貴族2』に出ていたんですよね。まあ私は見てなかったんですけど(爆)。


 ともかく、まさかそんなにヒットするとは思いもしませんでした。
 あのドラマが映画化すること自体驚きだったくらいなので(笑)。
 ていうか、あのドラマが映画化するんだったら、『渡る世間は鬼ばかり』も映画化していいだろと思ったくらいですから。ドラえもんにならって、劇場版ではえなりかずきが主役になり、服も変わるという感じでお願いしたい。
 ※ちなみに劇中でのえなりは一浪で東大に合格しているらしい(笑)

 ああいう刑事モノが普通にヒットするイメージがなかったんですが、割と『踊る大走査線』で世間一般に広く受け入れられる土壌ができたりしたんでしょうかね。まあ『相棒』もクラシックな刑事モノとは一線を画している気はしましたけど。


 で、ここまで書いて、見に行く予定は全くありません。この記事はいったい何?(笑)
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-05-18 12:37 | 徒然山