ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

独りでツインリードを弾く場合

 動画録りました。一昨日の記事で触れました件で一本。

 松本孝弘が1stソロアルバムでカヴァーした『Spain』をコピーしてみました。
 チック・コリアも真っ青(別な意味で)なハードアレンジになっておりますが、このツインリードを再現してみました。単純にオクターブでハモってるだけなんですけどね。ただ、12フレット上で弾けなくてポジションが全然変わってくるので、若干指覚えるのに苦労しました。

 で、せっかくなので、マルチ映像で作ってみました。ポール・ギルバートが教則ビデオでこんな感じでやってたのを真似してみました。栗田貫一も「ものまね王座決定戦」で、チャゲのコーラスをダビングして飛鳥を披露するみたいなことやってましたが、そんな感じです。
 本当は映像を二つ同じ大きさで並べたかったんですが、やり方がよく分からないのでできる範囲で処理したら、手話通訳みたいになってしまいました(苦笑)。

 そもそも、二回撮影するのが大変でした。
 最初低音パートを録ったんですが、高音パートの時点で結構バテました。高音のほうはちゃんとソロも弾かなければいけないので、ここでバテてはいけないんですけど・・・。


 これがやりたいがために、ドラムわざわざ打ち込みました・・・。(苦笑)
 かつ、ベースも弾きました・・・辺りは一昨日の記事参照ということで。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-09-10 04:05 | 徒然山