ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

<   2008年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

愚直なまでな場合

 包み隠さず意見してくれるというのは、尊い事だと思いました。

 そして、その意見を聞ける姿勢は、最低限持っていたいと思いました。


 意外と、できなかったりすることだったりします。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-29 00:44 | 徒然山

やっぱり切りすぎな場合

 いとこの結婚式の為、実家に帰省してます。


 その前に、さすがに半年くらい伸ばしっぱなしなのは問題があると思ったので、いつもの美容室に髪を切りに行きました。

 で、
なんでいつもそんな切んねん。

 何が悪いんでしょうか。

 いや、絶対
「こんな感じで」て指さしたカタログの半分くらいの短さになってるんですけど。

毎回切ってるヒト違うのに。

 その店は女性の美容師さんが切ってくれるんですが、
 何でしょう、
「このヒト半年に一回くらいしか来ないから、余分に切っとこ(ハートマーク)」
ていうことですかこれ。

 しかも、それを担当代わったら引継ぎしてんのかこれ。



 大体、切ってる途中経過で

 「前髪切りますので目つぶっててください」

 ・・・美容師の女、前髪を切る・・・

 「前髪、このくらいの長さでどうですか?」


 目開けてびっくりしましたよ。
 みじかッ!前髪みじかッ!
 いや、そりゃどうですか?て言われて「あ、はい」て言うしかないでしょうよ。
これで「短いです」って言った場合、どうするつもりなんだ女。
人生にリセットボタンはないんだよ女。

 まあ、もはやこの際、短くなってりゃいいくらいの心持ちなのでなんでもいいんですけど。(いいのかよ)


 大体、ヘアカタログの髪の固さと髪質と毛量のチャート
軟と細と少のサンプルがないんだったら、そんな項目作るなって。
 実際一個もないってどういうことやねん。

 あれ、日本人て統計的に固・太・多な髪質のヒトが多いらしいですけどね。
 そういう髪質のサンプルはいっぱいあんのよ。まあそりゃあヘアカタログも商売ですから、売れ筋は多めに押さえといたほうがいいでしょうよ。

 しかし、ひとつ言わせてくれ。

 軟・細・少だって生きてんだよ!
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-27 02:41 | 徒然山
 曲作ってんですけど、歌詞が出ません。

 曲作るたびに毎回言ってますけど。


 このブログの記事における緊張感の平均値から鑑みるに、私の日々思うことから書ける文章のうちのどれだけが歌詞に昇華できるのかって言ったら、ビールのアルコール度数くらいなんじゃないだろうか。

 まーあんまり緊張感みなぎるブログは好きじゃないですけどね。
 というか、緊張感みなぎって生きてたらあんましブログ書かなさそうな気が。中には細かいヒトもいるでしょうから、断定はしませんけど(笑)。


 なんですかね、インターネットに物申すならば、パソコンって人間の生活を円滑に進めてくれるのか空回りさせてるのかプラマイで言ったらマイナスなことは往々にしてあるんじゃないかと思うんですよね。

 特に私なんか、きっとマイナス方向だと思うんだ。(爆)

 今日からブログ辞めたら、今年中にアルバム一枚くらいできると思うんですよね。(笑)

 もう、明日から電気なしでガスだけで生きれ俺。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-26 00:55 | 徒然山

結局、な場合

f0053545_314322.jpg買ってしまった・・・。

 本気で病気かもしれん。

 たまたま秋葉原に行く用事があって、ついでにイケベ楽器でも寄ってみようなんて行ってみたのが悪かった。

 ネット上で「アキバのイケベ(なんか語感がいい)はかなり揃っている」という話で気になってたんですが、実際行ってみて、かなり揃ってますね。ハンドメイドのペダル類は大体置いてある感じで、xoticの限定青バージョンも全部揃ってるほど。ギターの品揃えも笑っちゃうくらい置いてあって、クラプトンモデルとイングウェイモデルのカラーバリエーションが全部置いてある店ははじめて見ました(笑)。

 せっかくなので、何か弾いてみようっちゅうことでG2Dとか弾かせていただいたんですが(今回はレビューは割愛)、結局AC boosterとBB preampの試奏になり、BB plusとも弾き比べ(この過程は既に三回くらいやってますが・・・)、今日は買おうとは思ってなかったんで~と帰ろうと思ったところで
何故かBB preampだけ中古があって
安く売ってて、しかも
新品と弾き比べたら中古のほうがいい感じで、あ、もうこれは持って帰るしかないんじゃないかと。

 で、買いました。

 一瞬、人間はクレジットカード持っちゃいけないんじゃないかと思いました。

 よくこうやってギターとかエフェクターとか買う人は、
「このギターが棚から俺を呼んでたんだよ」
とか訳の分からないことをおっしゃるんですけど、
 実際私も今回は
そうとしか言いようがない。(核爆)

 因みに、たのきんのヨッちゃんこと野村義男さんは、楽器屋で「このギターの製造年が自分の生まれた年と一緒だったら買いますよ」といって、調べてみたらホントに一緒で買ってしまったギターが数本あるみたいな話を聞いたことがあります(※ヨッちゃんは1964年生まれですから、その辺りのギターって結構なお値段だと思うですが・・・フェンダーなんかちょうどCBS買収直前ですし)。
 いずれにせよ、病気ですね。(爆)



 家で弾いてみたんですが、いや~、これは。よい。
 あんだけ弾いたんだからもうよ~く分かってるんだけど、いいですよ。

 この前買ったRATもまさにディストーションでいいんですが、このBBはまさにオーバードライブいやさオーバードライヴ。トゥルーバイパスであるのに加えて、ON時のノイズもかなり少ないですし、何より筐体が小さい。今までマクソンの弁当箱とかヴォックスのクールトロンとか、何故かデカい筐体のモノばっかり使ってたので、MXRサイズってのはあまりに小さすぎて感動すら覚えますね・・・



 ・・・何やってんだ俺。(爆)
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-25 03:41 | 徒然山

Danelectro DAN O WAH (2)

 引き続きDanelectro DAN O WAH、その2です。

f0053545_0132994.jpg ルックスとは裏腹に、そのエフェクトは意外に実用的なこのワウ。
 前回はそのスイッチ類の機能など、基本的な部分を解説しました。

記事の続きはこちら
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-24 01:30 | ふもと(ペダル紹介)

Danelectro DAN O WAH (1)

 ふもと第三回は、またもや廃版ながらも私が現在も実戦で使用しているペダルを紹介します。
f0053545_236209.jpg
 Danelectro DAN O WAH

 一見何かと思いますが、よく見ると、ワウペダルです(笑)。

記事の続きはこちら
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-23 03:07 | ふもと(ペダル紹介)

髭を伸ばして剃る場合

 はじめて髭を伸ばしました。


 というよりも、今まで、伸びなかったんですわ。

 むしろ、伸び悩んでいたくらいの。


 はじめて髭を伸ばそうと思いついたのは、実は中学生の頃だったんですが、今の今までちゃんと生えなかったわけですよ。
 一応伸びるんだけど、あまりにもヒョロヒョロなので剃らざるを得なかった。I couldn't help shaving.今更欧米か。

 時は流れること十余年、いよいよ
一日剃らないと若干生えてくる境地に入り、

 時は来た と。

 【恒例の「時は来た」動画】


 そこそこまで伸ばしてはみたんですが、都合があって今月末には剃らなくてはいけないことが決まっている為、
実験的に顎鬚のみ残してみたんですが。


 ・・・いや、これはないね。ええ。


 顎鬚をどうにかできるヒトは、根本的にお洒落なんだろうな。

 そう思いました。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-22 01:16 | 徒然山
 前回に引き続き、懲りもせず弾きました。
 vol.2というよりは、追加と言う感じで。


 先日の御茶ノ水での歪みペダル激奏の後、xoticというメーカーが気になってしょうがなくて。
 しかし、さすがに再び御茶ノ水にギター背負って行くまでではなかったので、機会があれば弾いてみたいなくらいに思っていたんですが、機会にめぐり合ってしまった次第なのです。


 いちいち伏字にするのも面倒なので明記します。(笑)
 山野楽器浦和コルソ店さん。老舗ですが、最近コルソ内で移動してリニューアルしたばかりなので、店内は非常に新しいです。

 楽器売り場のスペースはお世辞にも広いとは言えず、実は、一年ほど前は、機材も定番中の定番しか置いてなかったものでした。
 しかし、最近久し振りに足を運んだところ、妙にハンドメイドもののペダルが増えていて、明らかに品揃えの方向性が変わりました。何があったんでしょうか。

 で、改めて足を運んでみたら、xoticのペダルが置いてあるじゃないかと(笑)。
 しかも、FulltoneとかG2Dとかvizionとかweedのモディファイものとか、数は決して多くないのに、気になるペダルばかり置いてある。

 小売店としては、定番売れ筋の商品を並べていたほうが売り上げ的には堅いと思うんですが、敢えてブティックブランドのペダルを並べるというこの品揃えには、なんというかスピリッツを(勝手に)感じてしまいました(笑)。

※因みに店員さんに話を聞いたところ、昨今の膨大なペダルの中から、自分でいいと思ったものを選んで置いているのだそうです。つまり、期せずして店員さんの厳選ペダル特集だったというわけですね。そりゃスピリッツありますね(笑)。

 ともかく、これは試奏せざるを得ない(せざるを得ない意味が全く分かりませんが:爆)ということで今回のvol.2というわけです。
 とはいっても、今回試奏させていただいたのは3機種。


1.FULLTONE / GT-500

f0053545_22155557.jpg 2007年発表のモデル。個人的には、突如楽器店に置いてあったのを見かけてかなり不意を突かれた感がありまして、それ以来ものすごく気になっていたペダルです。

 フルトーンだから間違いないだろうという信頼感と、この微妙に古めかしいようなルックスと、大体GT-500というネーミングからして速そう(→ドライブしそう→歪みそう:爆)という妙な期待感がありました。

 筐体の大きさとツインスイッチからしてFULL‐DRIVE2の発展形という感じですが、FULL‐DRIVE2が
「オーバードライブ→ブースト」というペダルだったのに対し、GT-500は
「ブースター・オーバードライブ+ディストーション」というペダルなのです。
 大して変わらない気がしますが、→と+では大違いなのです。
 FULL‐DRIVE2のブーストは、メインのオーバードライブをどれだけブーストするか?ということしかできないんですが、GT-500は2chが独立しているので、各々で音色を作ることが可能ですし、かつそれらをミックスできる。更には、Ach→Bchと繋ぐか、Bch→Achと繋ぐかを変更できるのです。これによって、両chをONにしたときの歪み方が変わってきます。音作りの幅が広がったということは、より様々な局面に対応できるということです。

 左側がオーバードライブ、右側がディストーションなんですが、右側のディストーションはよく歪みますし、3トーンEQもついているので音作りの融通はかなり利きます。右側で音を作り、左側でブースト・・・とすると使いやすいのかなと思いました。ただ、そうするとFULL‐DRIVE2とあんまし使い方が変わらないんですけど・・・。

 なんにせよ、歪みの質の高さはさすがフルトーンです。かなりレベルの高いペダルだと思います。


2.Xotic / BB Plus

f0053545_2247378.jpg 今日のお目当ての一品。
 同社の歪みペダルBB Preampをツインペダルに仕上げた感じです。が、BB Preampを貴重にしつつも、音色は使いやすいように変えてあるとのこと。

 弾いてみて感じたのは、先ほどのGT-500と並べてみると、かなり似てます。そもそもペダルの考え方が全く一緒ですし、つまみの大きさ一緒じゃんていう(苦笑)。
 で、肝心の音のほうですが、このペダルもGT-500に負けず劣らず作れる音色が広いですね。こちらは左側がディストーション、右側がオーバードライブになってますが、ディストーションのほうが融通が利くのも一緒。さすがに音色には各自のブランドのアピールする音があるんですけどね。
 何か、この2機種の弾き比べは、ちょうどOCDとBB Preampを弾き比べたときと同じような感覚でした。

 BB PlusにあってGT-500にないのはcompというスイッチで、これは一定の周波数をブーストするようです。押してみてしっくりくるほうでいいんじゃないでしょうか。

 これも一台あればなんとでもなりそうなペダルですね。
 GT-500と比較して、私だったらスイッチがひとつ多いのと、
ペダルの色が赤いという理由でBB Plusを選ぶかもしれません
(笑)。


3.Xotic / BB Preamp

f0053545_2351579.jpg で、最後に何を弾いたのかというと、またこれ弾かさせていただきました。というのは、BB Plusを弾いたとき、何かBB Preampの音と随分違うような気がしたからです。

 実際コード一発弾いてみて、すぐにPlusよりも音が抜けてきたと感じました。まあ先ほど書いたようにpreampとplusは同じ音じゃないんですけど、ともかくどちらの歪み・音色が好きかと言ったら、こっちですね。こちらに比べると、plusは雑でぼやけた感じがします。


 これまで試奏してきた経験で言うと、シングルスイッチ(?)のペダルを発展させてツインスイッチにした製品はたくさんありますが、シングルに比べてツインのほうは何か歪みが荒くなってしまう傾向がありますね。
 これまで私が使ってきたVoxのBig Ben Overdriveも、姉妹品(笑)でツインスイッチに拡張したDuel Overdriveというペダルがあるんですが、二つ直列にして弾き比べたら、後者の方が何か荒かったんですよね。この「何か」という部分が歪みペダル求道者にとってはとても重要な要素だと思うのです。


 今回の結論としては、BB Preampは欲しいな~ということですね。
 すごくいいッスよ。

 ・・・そんなに買ってもしょうがないんだけどな~・・・。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-19 23:23 | 徒然山
 東京事変カヴァーバンドのほうでお世話になっているマイミクシひでおさん界隈のイベント、「セッション8時だよ!全員集合!」 第16回に参加しました。

 関係者各位の皆様、お疲れ様でした!


 場所は飯田橋のいつものライブハウスで。割と好き(笑)。

 毎回数曲のお題を決めて、弾ける人は弾いてあとはノリでいってみようというセッション(で合ってますかね)です。この前はじめて参加したときは"東京事変"という特殊なお題だったので、目を白黒させながら何とか弾いていたわけです。

 今回のお題はなんと『60年代ブルースロック』

 ど真ん中きた。

 これで行かなかったら、他に何のお題で行けばいいのかという。

 で、一応指定されたお題の曲は
 Purple Haze - Jimi Hendrix
 Sunshine Of Your Love - Cream
 Train Kept A Rollin' - The Yard Birds


 ・・・ど真ん中といった傍から、この中では
パープルヘイズしかコピーしたことないし。(爆)


 トレインケプト・・・はすぐ弾けそうですが、俺が弾いているのはどちらかというと
「レモンティー」だし。

 大体九州のコンビニはポプラだし。


 ギター始めて10年くらい、「クラプトン嫌いなんスよ」を合言葉にエリック・クラプトンをコピーしてきませんでした。その割には、人に「僕ギター弾けるんですよ」的な話をすると、リクエストされるのは何故か「ティアーズインヘブン」である可能性80%。
 「ティアーズイヘブン」と「レイラ」のイントロくらいしか弾けないですから。
(まあ「サンシャインオブユアラブ」も単純なリフなので、聴かなくても音の記憶で弾けるっちゃ弾けるんですけど・・・)


 まあ結果的にはヴォーカルさんがほとんどいらっしゃらなかったので、
歌ってました(笑)。
 しかも、歌詞仮歌で(爆)。オリジナルか。それはそれで楽しかったのではあります。
 勿論ギターも弾かせていただきましたし。人のギターソロの裏でバッキングするのは久し振りだったんですが、これはこれで楽しいっちゃあ楽しいんですよね。逆にリード弾くの辛かったりして(笑)。しかも、皆さん上手なギタリストさんばっかりだったので、いやホントそういうところで弾くのは辛い(笑)。そういう意味で、どんなに巧いギタリストの挑戦も退けてしまうBBキングって、すごいよなと尊敬してしまいます。

 ていうか、私出過ぎた感があるんですが・・・(爆)。
 この場を借りてお詫び申し上げます(爆)。


 ともあれ、お疲れさました。

 発奮したので、何となく、スティーヴィー・レイ・ヴォーンでもコピーしてみます。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-18 02:29 | 徒然山

浮雲な場合

 第二期東京事変のギタリストの方。

 私のほうが誕生日が一日早いので、

 呼び捨てにします。


 機会があってコピーしてるんですが、浮雲ギターのコピーはとても大変です。

 フレーズが非常に独特です。
 このヒトはカントリーのギターから入ったそうで、ギターの音色はあまり歪ませなかったり、恐らくは指弾きも交えているんじゃないかというフレーズがあったり、ギターソロのフレーズもコードの分解から作ったんじゃないかという流れだったりします。

 フレーズのスピードが速過ぎてコピーができなかったことはあるんですが、聴き取れるのに頭が追いつかなくて弾けないというのはなかなかないのです。
 まあ何回も弾いてフレーズを覚えてしまえばいいんですが、コードネームも分からないままフレットの形だけでギターを弾くのはそろそろ卒業したいなと思いまして(苦笑)。
 現状スリーコードとペンタトニックしかできないヒトなので、少しでいいから頭を使ってギターを弾けないものかと。

 やっぱり、今弾いている音が何なのか理解して弾いているかどうかってのは大事だなと。97パーセントくらい手癖でギターを弾いているので、多分1分くらいもらえないと、自分が弾いたフレーズを説明できません。これが変わってくると、アドリブの奥行きは全然違ってくるんじゃないかという期待があるんです。結局面倒になって元に戻る可能性も大ですが(苦笑)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-16 01:48 | 徒然山