ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

<   2008年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

f0053545_092036.jpg
 予告通りっす(爆)。今日きました。

More
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-01-31 01:07 | 徒然山
 今、気づきました。

 いかに
78個分のギターアンプモデルと、24個分のギターキャビネットモデルと、98個分のペダルと、28個分のベースアンプモデルと、22個分のベースキャビネットモデルと、6個分のプリアンプモデル
があろうと、
それらに相対する人間は1人しかいないということに。

f0053545_4162580.gif

 上の『悪魔のそら豆』(なんかDQっぽい:笑)の話です。


 膨大なモデリングのデータをあれこれ引っ張り出しているだけの行為。
これはもはや、音楽ではないでしょう。

 「デジタルの導入によって音楽的要素が失われる」的な物言いはもはや陳腐化すらしている気がしますが、デジタル導入が音楽製作自体を別のモノに転換してしまうとなると、それは音楽活動において、相当な弊害なんじゃないか・・・

 ・・・なんていう物言いは大げさでして、早い話が
機械を使いこなせていないだけなんですけどね(笑)。

 膨大なモデリングがあれば、ほとんどあらゆる音が作り出せる。これは間違いないんです。が、選択肢も膨大なのであって、それを活用できるユーザーというのは「全ての機能を熟知する」「よさげな音が出たとこで、悩まず勢いで使う」(笑)かのどちらかなんじゃないかと思うわけです。

 PODx3は素晴らしい機材です。これは間違いないでしょう。
 問題は、使い手がその機能を存分に使いこなせるかどうか?ということですね。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-01-30 04:28 | 徒然山
 ハードディスクMTRのYAMAHA AW16Gを、Cubase AI4にMIDIで同期させるということをやってみました。

 単にMTRのスタート・ストップの信号を送るだけですから、恐らくMIDIの初歩の初歩だと思うんですが、そんなことをするのだけで若干手間取りました。
 そもそもこれまで、あらゆる取説のMIDIの部分は完全にすっとばしていましたので・・・。

 よくよく読んでみたら、MIDIを使えばAW16Gで色々コントロールすることも可能みたいなんですが、その辺までくると、取説読んでても正直何書いてあるのかよく分かりません。


 BFDも、書き出すと音が途切れるとか、問題が出てきました。


 すこしづつ覚えていこうとは思いますが、時間かかるなこりゃ。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-01-29 01:35 | 徒然山
 たくさんのブロガーがテーマにしているでしょうから自重しようと思ったんですが、白鵬×朝青龍の横綱同士の一番について一言。
 単純に、あの一番は見てて面白かったですね。詳しいことはよく分かりませんが。相撲の攻防というやつは総合格闘技のマウントの取り合い同様、分かれば奥が深そうで面白そう。それが分かれば、総合での相撲勢の不調ももっと論理的に突っ込めそうな気がしますが。
 それにしても、白鵬が勝ったこと(というか、朝青龍が負けたこと)によって「人生そんなに甘くないぞ」的な発言を翻さなくて済んでほっとしているヒトは、世の中にどのくらいいらっしゃるのでしょうか(笑)。・・・正直、私もよかったと思ってますよ、そりゃ(爆)。


 本題。

 無駄使いが無駄使いを呼んでいる気がしてなりません。
 今度は打ち込み用にMIDIキーボードが欲しいです。


 今のところ、増える機材に対し、作曲等の音楽活動のほうが全く進みません(苦笑)。

 だって、機材の使い方が分からんのですよ。

 パソコンが特にそうだと思うんですけど、パソコンって、使いこなせないうちはパソコン使わないほうが確実に作業速いですよね(笑)。図面とか、手書きだったらものの数分で書きあがりそうなものを何時間かかってんねんみたいな・・・(苦笑)。操作に慣れれば、圧倒的にきれいに速く仕上がるんですけど。

 DTMをはじめてみたら、ドラムはどうやらMIDIキーボードで打ち込んだほうが楽なんじゃないかということに気づいたんですが、もうそうなると欲しくなってしまいます。
 この勢いだと、気づいたら「カートに入れる」をクリックしてしまう感じ(笑)。


 待て待て待て。(「飛龍革命」時のアントニオ猪木調で:誰も分からんって)

 このところ、このブログで予告したモノはほとんど買ってますやん。
 それはまるで予告無駄使いな場合。


 数日後の記事で「MIDIキーボードを導入する場合」と書いてあったら、ほくそ笑んでください。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-01-27 21:30 | 徒然山
f0053545_1533084.jpg
 割と好き。

 ケンタッキーの割と最近のメニュー。

 どうでもいいですが、名前が何やらどこぞのアミューズメントパークの乗り物でありそうな感じ。

 かと言ってドラゴンと言っても、勿論

















 藤波辰爾のドラゴン殺法のひとつではない。
f0053545_28446.jpg


「そんな技ありませんよ!!
  それより、ベイダーとやらせてください!」


(藤波辰爾選手【右写真】談)
          ・・・それは嘘です。



 今までケンタッキーにはほとんど行かなかったんですが、ひょんなことから、これ目当てに割と出入りするようになってしまいました。
 しかもこれだけではとても足りないので、小腹が空いたときという微妙なタイミングを見計らって食うという。

 機会があったら一度お試しあれ。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-01-26 02:00 | 徒然山

B'z 『ACTION』(2007)

f0053545_025662.jpg 回転度・・・★★★★★★★★★☆ 9

 20周年を向かえ、通算16作目を数えるフルアルバム。
 収録曲は17曲と、かなりのヴォリューム。

 何気にこのブログで真っ向からB'zを取り上げるのははじめてのような気がします。

 個人的には、B'zは9th『SURVIVE』あたりまでで楽曲のスタイルを一通り提示し終え、その後はそのスタイルを磨き上げるような方向に進んでいる(というより、そうなってしまう)ような気がします。特にシングル曲で、大胆すぎるアレンジが目立っていました。

 (・・・というノリで書くとB'zの歴史になってしまうので、自重:笑)

 ・・・という大きな流れから見て、今作に感じたのは
「B'zがB'zたる本質に真っ向から向かっていった感」でした。
 ちょっと前の作品に見られた、新たな試み的なヘヴィネス調やジャーマン・メタル調が個人的にどうも好きじゃなかったんですが今作ではそれらは聞かれず、その代わりに、何かB'zの懐かしい部分を感じました。
 先に書いた、やたらまっちゃんがギターソロ弾きまくってたりとか、大胆すぎるアレンジに疑問符・・・ということもないので、一言で言えば、聴きやすいアルバムだと思いました。17曲がさらっと聴けます。このところのB'zの作品では、久し振りにすんなり聴けるアルバムだな~と。

 ざっと網羅。
「純情アクション」 典型的1曲目はかっこいいのパターン
 「SUPER LOVE SONG」に似てるけどそれは秘密
「満月よ照らせ」「永遠の翼」 B'zのバラード黄金パターン
「一心不乱」 最近松本氏多用の前に出てくるカッティングの音色が聴き所
「FRICTION-LAP2-」 勝手にアルバムは日本語でくると思ってたんですが、英語だった
※サビ"Shouting out my name"が"シャリが美味いねぇ"にしか聞こえません(笑)
 あと、"Can't just sit and die?"が"ガリが捨てれない"に聞こえなくもない

「僕には君がいる」「何という幸せ」 黄金パターン、かつこの2曲のつながりが秀逸

 余談ですが、はじめて「SUPER LOVE SONG」を聴いた時に、イントロのあの"どストレートなギターリフ"は、今のB'z松本孝弘にしか発表できない気がしましたが(笑)。例えば新人バンドがあのリフで出てきたらどうなの、みたいな(爆)。

 ギターと言えば、今作では随所にメインギターがYAMAHAだった頃のワウ半踏みサウンドが聴かれるんですが、もしかしたらそれが楽曲を懐かしいと思わせているのかもしれません。


 本人たちは意識していないんでしょうが、キャッチーさ・聴きやすさの追求という意味では、20周年の総決算を感じます。

 ところで、それでも『IN THE LIFE』(5th)『RUN』(6th)にはどうしても思い入れで及ばないので★9つ、という評価もどんなもんでしょうか(笑)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-01-25 01:07 | 盤評山

メモリを増設する場合

 先日アキバに行ったにも関わらず、結局は価格.com・・・(笑)。
 自宅PCの増設メモリを購入しました。


 ウチのPCは自作なんですが、思えば4年前に組み立てて以来、全くケースを開けてません。もはや、どうやって組み立てたのかもいまいち覚えてません(まーそんな難しいものでもないんですけど)。

 ウチのは4年前のスペックなので、いよいよ環境についていけなくなってきました。言うまでもないですが、パソコンの進化は「ドッグ・イヤー」・・・犬の月日ですすんでゆくっちゅうことです。


 それは、先日導入したPODx3に端を発します。

 PODを管理するソフトウェア「Line6 Monkey」というのがありまして。で、必要な動作環境を自分のPCのスペックと照らし合わせてチェックできるんですが、一項目になんだか×がついてるじゃないですか。
 必要なメモリは、512MB以上。・・・私のPC、511MB。

 ・・・足りない。1MB足りない。お岩さんか。


 更に。やはり、先日導入したCubase AI4

 こっちも、512MB以上必要とあります。
 1MBくらい気合で乗り切れや!と思って普通に使ってみたんですが、もはや、ドラム音源すらまともに演奏してくれません・・・負荷がかかってなければ何とか演奏するんですが、ちょっと込み入ったことすると、音がブチブチと途切れました。


 ウチのPCのメモリは、256MB×2のデュアルチャンネル。こういうソフトウェアの最低動作環境というものは、よっぽどスペックが低くないとひっかからないもんだよな~なんて思ってたら、まんまとひっかかってますやん・・・(苦笑)。

 メモリのスロットは4つあるので、単純にあと2枚増設可能なんです。
 いっそ1GB×2枚でいってみようかなとも思ったんですが、ちょっと調べたところによると、数値を数倍に上げたところで、作業時間が単純に比例するするわけではないみたいなんですよね。とりあえず様子見も兼ねて、512MB×2枚にしました。値段的にもお手ごろですし。


 注文から2日で届きました。

 早速、メインのスロットに512MB×2を挿入。残りに、これまで使っていた256MB×2を挿入しました。

 立ち上げました。

 起動から、何かこれまでにないサクサク感を感じます。ど○兵衛のおあげの比じゃない。
 Cubaseも、半分くらいの時間で立ち上がりました。素晴らしい。ちょっといじってみたところ、フリーズする気配も全くありません。言われたことは聞くもんだと思いました(苦笑)。

 とりあえず成功のようです。


 ついでに、久し振りにケースを開けたので、マザーボードの配線を見直してみました。

 これまで、配線しても使えないと思っていたフロントパネルのUSBがあったんですが、今一度見直してみたところ、配線を間違っていた。
 つなぎ直したら、まんまと認識しました・・・。4年前は初めての自作で舞い上がってたんでしょうね、きっと。

f0053545_17413920.jpg 更に、ピープスピーカー【右写真】も取り付けました。4年ごしに、はじめてウチのパソコンがビープ音を鳴らしました。
 なんで取り付けてなかったのかって、
写真のそれがビープスピーカーだということが分からなかったからです(爆)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-01-24 17:42 | 徒然山

アキバを徘徊する場合

 仕事終わってから、唐突に秋葉原に行きました。


 目的は、今更メイドカフェに行ってみたくなった
 ・・・というテーマのほうが面白い記事になるに違いないんですが、そうは問屋がおろしませんで、自宅PCの増設メモリを買いに行きました(いたって普通だな)。DTMの環境にPCのスペックがついていけてないみたいなのであります。
 別にアキバじゃなくてもいいんですが、自作ケーブルのプラグが欲しかったので、そのついでということも兼ねて。


 私は基本的に都心を恐れている人間でありまして、秋葉原も未だに恐る恐る歩いてます。駅前で何か配ってるメイドさん(まだいるのね)とかコスプレイヤーが、恐いです。

 バラ売りのプラグを求めて、とりあえず秋葉原ラジオセンターと呼ばれるところへ。電気街口を出てすぐ脇道に入っていった辺り。
 アキバというとアニメオタクなイメージが先行する昨今ですが、私にとっては
異国の方に、この場所こそ「ヂスイズアキーバ」と紹介してさしあげたい場所であります。
 なんにせよ、キャノンやTRSフォーンのプラグが手に入る場所が他に見当たりません(どこかあったら教えてください)。某音家さんでもいいんですけどね。
 駅前も恐いですが、ココこそ恐る恐る入っていく感じの場所です。秋葉原のダンジョンのひとつです(笑)。お店の方もそのお客さんもいかにもその道のプロっぽく、「私のような若輩者がいていいのか」的空気すら感じます(私もプロのはずなんですけどね・・・)。ぼったくられてないか不安になりながら、無事必要分購入(無事って:笑)。

 ご存知の通り、電気街のほうには幾多のパソコンショップがひしめきあってるんですが、それらのお店を恐る恐る歩く勇気と気力がどうしても生まれませんでして(苦笑)。安易に、反対側のヨドバシカメラアキバ店へ。
 まー私にとってはこちらのほうが随分居やすい場所です(苦笑)。

 結局、増設メモリはネットに比べて随分高かったので買いませんでしたが、スキャナ買いました。今日買うつもりはなかったんですが、いきなり。
 ていうか、スキャナって今更(笑)。今どき、プリンタ・コピー・スキャナ複合機的な商品がたくさんある中。
 いや、今私に必要なのはスキャナだったんで、スキャナです。

 あと、マウス買いました。今まで、自宅と職場でマウス一個でしのいでました・・・。
 最近のマウスは、横スクロールもできるホイールとか、「進む」「戻る」ボタンとかあるんですね。


 結局、当初の目的がだいぶズレました・・・。まー
「1/200 ガンダムエクシア」のプラモデル
を買ってきたわけじゃないので、よしとしますか。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-01-23 16:47 | 徒然山
 今日は久々にADBの練習。昨年末のライブ以来の音合わせでした。


 これまでの曲のアレンジの見直し。

 スリーピースの形態を取ってますので、ヴォーカルとギターを担当する自分は、自分のことでいっぱいいっぱいになることが多く、アレンジがどうこうまで頭が回らないことが多いのです。

 ・・・あー。ただの言い訳だそりゃ。

 歌は歌わないとどんどんヘタになる一方なので、ギターだけ弾いているわけにもいかないのです。

 ・・・あー。歌ってるからギターが弾けない、というのも、言い訳以外の何でもない。



 それもあるんですが、一番ショックを受けるのは、ギターの音作りについて。


 この前ペダル買ったばっかしなのに・・・(苦笑)。

 置き場に困るほどペダル持ってるのに、「ギターの音が細い」って言われるって、どんだけってことであります。


 「いや、こういう音なんだけど」とは言うものの、ヒトが聞いて細いと聞こえたら細いのであって、何を言おうが言い訳になってしまうではないですか。

 このブログに書いている通り、ギターの音色は、様々な要因の総合的な結果によって成り立つものであります。

 ギターもまあそれなりなものを使って、ペダルも色々なものを試して行き着いたモノを使って、アンプはまあそれなりに普通のモノを使って。インプットからアウトプットまで、それなりってことは、あと思い当たるのは、それを弾く人間が悪いってことになりはしないか。

 凹みますな、そりゃ・・・。


 まだまだということでしょう。研究します。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-01-22 00:51 | 徒然山
 数年ぶりにコピーバンドやりました。

 飯田橋のライブバーにて、ええと、『I・P・Mプレゼンツ 第一回ひでお兄妹誕生ライブ 日本国有鉄道終了二十年興行』という企画(笑)に参加。私は「(沢尻)エリカだよ!!全員集合」という名前のバンドでギター弾きました。

 あ、関係者の皆様、もし覗いてましたらお疲れ様でした。

f0053545_0594434.jpg ええと、そう言うと何か勘違いされそうですが、何のコピーしたのかと言いますと、ジャニス・ジョップリンです。しかも、「JOPLIN IN CONCERT」【右:ジャケット】から、フル・ティルト・ブギー・バンドとの演奏(後半部分)より5曲。「ハーフ・ムーン」「コズミック・ブルース」「ジャニスの祈り(なんでこんな邦題なのかが謎ですが、ムーブ・オーバーです)」「トライ」「愛は生きているうちに」。昔バンドで演奏したり、個人的にコピーした曲もあったりはするんですが、そりゃあ正直大変な選曲(笑)。

 コピーに当たって一応ジャニスの動画をチェックしたりしたんですが、バックのギタリストが335を使っている様子。なので、一応ギブソン系のギターということでレスポールを使いました。またこの久し振りのレスポールが。重い・慣れない・チューニングが安定しないの三拍子。地味~に大変でした。


 練習は三回。加えてこの前の公開練習があったので、5曲と言えどそれなりに形になりました。恐るべきはジャニスのライブでの曲構成の複雑さ(笑)。完コピする気にはとてもなれませんでした。10年前ならやったんでしょうけど、今はそんな根性はとてもなくなってきたらしい(笑)。

 本番は割といい感じだったんじゃないかと思いますが、どうなんでしょう。

 まー楽しかったからいいか。

 いいのか?(笑)


 ひとつ思ったのは、たまにはコピーもしてみるもんですね。すごく今更ながら、まだ学ぶものはあるんだななんて思ったりして。いつまでも手癖をこねくりまわしてるだけじゃいかんなと。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-01-21 01:16 | 徒然山