ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

<   2007年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 まだほとんどの項目が工事中ですが、開設しました。ウチのバンド、アンプリファイドデルタブルーズ略してADBのHPです。右側にもリンク作ってみました。


 ブログの弱点は、昔の記事がどんどん見づらくなってしまうことです。個人的にはブログは「新聞袋で束にされてしまった折り込み広告」みたいなイメージです。見られないことはないですが、引っ張り出すのが面倒。
 一方でHPは「一冊の本」みたいなイメージですかね。表紙があって、目次があって、見たいページにとんでくみたいな。内容が古くなっていく様も、本っぽい・・・って、更新しなさいな・・・(苦笑)。

 まーぶっちゃけ言いますれば、
HPの更新はなかなか面倒なんですよね。(笑)

 私はHP作製ソフト等は使った経験がありませんで、私の作ったHPというのはHTMLやらスタイルシートやらのごく少ない知識によって運営してます。
 ブログよりデザインの自由が利くぶん、こだわりによって写真一枚の位置がなかなか決まらなかったり。で、試行錯誤の末「できた~」なんつって、次の日、違う環境で見てみたら表示がグデグデだったり(涙)。


 いまどき携帯サイトのほうが身近なんだろうか、とも思います。割とmixiなんかも携帯で利用している方も多いみたいですね。しかし、私個人が携帯でサイト見ないので、今のところ話が進んでません。

 あんまし、携帯て好きじゃないんですよね。

 携帯て文字打つの大変じゃないすか。ここみたいな勢いで文章打ったら、
腱鞘炎になってしまうぞ。

 などと、軽く時代の流れに追いつけなくなってるな~なんて思いつつ。これもIT格差の一角に入るんでしょうか。

 ま、ツールはなんであれ、それを使う頭のほうをよくしないとな~なんて自分に言い聞かせ。茶碗ばっかしいっぱいあっても、そこによそるご飯がないといかんざき。


 最後に、ADBwebを訪れた方にお願いです。
 HP内に「Delta Board」なるものがありまして、いわゆる掲示板なんですが(しかも昔のやつ使いまわし)、是非何か書き込んでいってください!今のところ書き込んでいるのは例によってメンバーのみなんですが、はっきりいって、寂しいです。(爆)
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-30 20:00 | 徒然山

湿気だらけな場合

 家にいたんですが、暑い。サウナのよう。

 暑く湿気に覆われているのはこの部屋だけかとおもいきや、外も負けず劣らず暑く湿気が多い。


 普段はエアコンが効いている職場にいるので、暑さに全く対抗できません。

 やむを得ずエアコンを使おう・・・とおもったところで、思い出しました。

 エアコン掃除するんだった。

 暑い中、汗だくでエアコンを掃除してました。


 ところで、まだエアコンは早いだろうとか思ってたんですが、もう7月じゃないですか。なんだろうな、早いですね。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-29 23:59 | 徒然山
 ライブに向けて、ガツガツと練習してます。

 実際、年々練習時間は減ってます。んん~、まあ年取るごとに色々あるので、ギターばっかり弾いてるわけにもいかないしですね・・・(苦笑)。


 まあそれでも頑張って弾いているわけですが、最近はめっきり「速弾きがうまくなる理由 ヘタな理由」という教則本で練習しております。以前このブログでも取り上げました。・・・以前の記事はこちら

 「え~、速弾きなんかやってんの~!?」
 と思った方も、きっといらっしゃることでしょう。(笑)

 速弾き。

 バンドをやっている方の間では、なんだか負のイメージでとられがちな言葉な気がします。

 そもそも、その手の音楽に関わってない方には「何らかの理由で早く家に帰ること」とすらとられがち・・・サヴイ。サヴォイ・ブラウン。


 速弾きが何故そういうイメージでとられがちなのか・・・という話ですが、それについては省略。(多分昔書いたと思いますので・・・:笑)


 私がはじめてギターを手にした頃から、速弾きに憧れ、速弾きを練習してました。これは、ハードロックやメタルを聴いてギターを手にしたヒトならきっと通る道ではないかと思います。

 ・・・で、おびただしい数の音符で真っ黒なバンドスコア(速弾きの楽譜は往々にして真っ黒:笑)とにらめっこしながら一生懸命コピーするわけです。
 しかし、自分のレベルが分かってないものだから、最初っから難しい曲に取り組んじゃって、全然弾けない(笑)。

 はて、何が悪いんだろう・・・と、ギターキッズ(この言い方は恥ずい)たちは悩みます。

 ある者は、憧れのギターヒーロー(この言い方も恥ずい)の使用している機材を研究し・・・。そのギタリストと同じピックを使って、同じエフェクターを使って、最後にはそのアーティストモデルのギター買っちゃったりして(笑)。

 いや~、買わなくてよかった、
松本孝弘モデル。(笑)
↑高校の頃、バイトして本気で買おうと思ってました(・・・買ったら、それはそれで人生変わってたかもですが:笑)。

 私はさすがに同モデルは買いませんでしたが、来る日も来る日もつまらない運指に明け暮れてました。思えば、暗い青春時代でしたな~(爆)。


 前置きが長くなってしまいました。

 何が言いたいのかといいますと、この「速弾きがうまくなる~」という教則本。私の高校時代にこんな本があったらよかったのにな~と。

 題名の通り、速弾きのコツが満載です。

 これまで速弾きの教則本というと、
「ハーモニックマイナースケール(別名イングウェイっぽいスケール)から始まるタブ譜が延々と載っていて、遅いテンポから始めましょう!」
というものばっかりでした。やってみると、なかなかうんざりします。
 で、フィンガリング・フレージングばかりが解説される一方ピッキングのコツはほとんど解説されてないのがほとんどです。

 私は「左手は動くようにはなってきたものの、どうもピッキングが追いついてないな~」と思いながら、今のいままでコツがつかめずにいたんです。高校の頃からですよ。
 実際、つい最近までピッキングは力任せに弾いてたんです(弦が切れない程度にですけどね)。勿論、速弾きの場合も、頑張って筋肉使ってで気合いで凌いでました(笑)。

 これが、この教則本によると「速弾きにおいては、ピッキングは力任せなヒトもいますが、最近は流行ってませんよ」てな説明なんですよ。「手のスナップを使って、リラックスして弾く」と。

 ピックも、私は速弾き含めリードプレイのときはなるべく深めに持ってたんですが、教則本では「浅く持ってピックが引っ掛かり過ぎないようにする」ということらしいんです。

 書いてあるとおりにやってみて、最初はすごい違和感があったんです。しかし、慣れてきたらこれが楽なんですよ。
 で、結局、リードだけでなくバッキングも含め、ピッキング自体が全部変わってしまいました。力んだピッキングは効率が悪いということなんですね。


 う~む、もっと早くこの本に出会っていれば・・・。

 というわけで、速弾きがしたい方のみならず、ピッキングにお悩みの方にもこの教則本をお薦めいたします。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-28 03:58 | 徒然山
 私の所属するバンド Amplified Delta Bluez ライブやりますよ~。

2007.7.2(mon) 八王子ClubHavana
 open18:30 start19:00
 ADBは4バンド中4バンド目 21:00頃出演予定


 八王子は遠いという方の為に、今後の決定分の日程もUPしますと

2007.7.23(mon) 西川口Hearts
 詳細未定

2007.8.20(mon) 高崎clubFLEEZ
 詳細未定



 月曜日は無理、もしくは何処も遠くてい行けませ~んという方には、

1stAlbum
 『(Just Like a)Monkey』

 好評発売中 (全国各地配送可)


 ここまで営利的な記事を書いたのは初めてですね・・・。(爆)

 初披露な新曲もやりますので、お時間ありましたら是非!

 チケット、音源のお問い合わせはこちらまでメールください。

 よろしくお願いします。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-26 16:59 | 徒然山
f0053545_23485544.jpg
 え~。


 今回K-1オランダ大会についての記事を書く際、この試合についてはいっそ
「なかったことにしてもいいんじゃないか」
 と。他の試合のことだけ書こうかまで思ったんですが、私だけは国内で唯一サップの味方だと自負しているので、そんなことはしません。(笑)

 が、いや、さすがにこれは・・・。


 ボブ・サップ敵前逃亡事件以来約一年ぶりのK-1復帰戦。
 相手はそのときサップの代役を務めたピーター・アーツです。

 まあ、サップ入場の時点で放送時間が既に10分を切っていたので、非常に嫌な予感がしていたんです。
 展開からして、アーツが秒殺されるということは非常に考えにくいですから・・・となると、サップがとんでもない負け方をする可能性が既に9割5分です。それでも、私はサップが速攻で1RKOする、というわずかな可能性に期待してました。

 ゴングがなった瞬間、サップは突進しました。

 なんか、突進しただけです。

 即座に感知しました。「あ、こりゃサップ負ける」
 ただ、この時点ではまだ私は【接近戦:アーツのコンビネーションでKO】だと思ってたんです。


 ・・・しかし。

 膝。

 「効いているか?効いている!?効いている!膝蹴りだ~!!!!」

 一撃。

 思わず、わたしゃ紀香と東原亜希とハモりましたよ。

 「えぇ~~~!!!!」

 もう一回上の写真を見ていただきたいんですが、1R 2:45です。早すぎ。
 まだ、実況のヒトの名前のテロップが出たところです(苦笑)。


 う~む、真面目な話、逃亡前のサップは全然冷静に戦っていた記憶があるんですけどねぇ。サム・グレコと特訓してた頃です。まあ荒削りでしたが、面白い存在だと思って期待していたんです。
 しかし、今回のはなんなんでしょうか・・・。非常に残念であります。総合デビューしたてのプロレスラーじゃないんだからよ~。残念です。サップに次はあるんでしょうか・・・。


 まああとは沢屋敷選手。まだ若干小粒な感じはしますが、上手ですね。期待してます。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-25 00:12 | 格闘山

ユーミンと歌いたい場合

 私が、というわけではなくですよ。(いや、歌えるもんなら歌ってみたいですが:笑)

 NHKにて、元ジュンスカ(・・・というか、昨今の若者にはゆずのプロデューサーといったほうが伝わるようですが・・・笑)寺岡呼人が主催するイベント"GoldenCircle"のドキュメント番組をやってました。

 私はイベントの存在すら知らなかったんですが、様々なゲストを迎えているようです(こちらを参照のこと)。一回目はラママだったんですねぇ。
 で、10回目を数える今回のゲストが、ユーミンこと松任谷由実なわけです。

 参加したアーティストは、呼人本人とゆずの二人、そしてミスチルの桜井和寿
 ていうか、ゲストとしては桜井でも充分成り立つじゃん!と思ったんですが(笑)、桜井がゲストというのは、過去にやってるようですね。そもそも、ゲストがユーミンだからということで、桜井から呼人に声をかけて出演したのだそうな。


 5人がかわるがわるヴォーカルをとるんですが、ユーミンの声の存在感はさすがだと思いました。

 桜井和寿は、個人的に好きなんです。
 青春時代によく聴いてたので、個人的な思い入れも手伝ってると思うんですが(笑)。このヒトの歌唱というのも、確立してますよね。ユーミンの曲もゆずの曲を歌ってましたけど、ヒトの歌を歌っても自分のモノにしてしまう感じで。

 ゆずの二人もいいですね。前述の二人に劣るのはしょうがないとしても、いや、いいと思いました。さわやかですね。しょうもないコメントですいませんが(爆)。

 呼人はなんであんなかわいい歌い方すんですかね(笑)。

 途中から、旦那の松任谷正隆もピアノで登場。これはちょっと笑いました。

 あとは、5人で新曲を作っていた様子が非情に面白かったです。
 ユーミンに「こうこうこんな感じなんですけど~」っていうゆず。あんな大ベテランにアイデアを振るっというのは、勇気要るよな~と思いました(笑)。
 一方で、桜井の堂々としたことといったら、それはそれですごいですね(笑)。ユーミンも、桜井の歌いまわしを意識したような発言をしてまして、出来上がった曲も何かミスチルっぽい部分があったりして。

 そのヒトの「らしさ」があるというのは重要な要素なんだな~と、改めて思いました。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-23 15:47 | 徒然山

Beatallicaな場合

 世の中、いろんなことをする方がいるものですね。


 "Metallica""The Beatles"を足して"Beatallica"なのだそうです。

 ちなみに、メンバーの名前も合体してます。

 なにやら著作権の問題でHP閉鎖などのすったもんだがありつつも、遂にCDが発売されることになったそうなのです。それにはメタリカのラーズ・ウルリッヒ本人も一役買った、というのだから面白い。
 ところでラーズって、昔
 ナップスターの件で著作権についてさんざんもめてませんでしたっけ。


 ま、とりあえず聴いてみて下さい。こちらで何曲か聴けます。


 ジェイムズの歌唱の語尾の「~ぅえ~ぃあ」具合とか(若干しつこいが)、カークの若干ソロが引っ掛かる感じとか、よく研究してるな~と(笑)。
 サージェントペパーの冒頭の部分とか芸が細かい(笑)。リフが邪悪。

 それにしても、本気でビートルズを歌っているジェイムズが妙に能天気で間抜けですね。コーラスが妙にアホっぽい(笑)。


 まあ、いろんな意見があると思います。

 個人的にはメタリカもビートルズもそれほどひいきではないので、「ようやるねぇ(苦笑)」辺りで済むんですけど、これを聴いて
ファンは
 怒らないだろうか。


 ビートルズ好きのおっちゃんとか、
 これ聴いたらちゃぶ台ひっくり返さないですかね(笑)。


 ところで、下敷きにされたザ・ビートルズですが。

 個人的に思うのは、ビートルズって、最早いちロックバンドの枠を超えちゃってると思うんですよね。
 世の中のいたるところにビートルズの音楽があるじゃないですか。例えば、電話の保留音に普通にあったりみたいな。あまりにポピュラーになってしまって、私なんかはあまりに偉大すぎて、ひとつのロックとして聴けない感じなんです。
 変な話なんですが、あまりにいろんなところで聞きすぎてしまったが故に、ロックに欲しい「ある種のスリリングさ」みたいなものが感じられなくなってしまったというか。

 いやはや、これはよくよく考えてみれば、すごすぎます。
 バンドとして、これ以上の存在はないでしょう。
 ビートルズのすごさについて、私が書くことはないな~と思ったりしてます。


 ・・・あ、話が逸れました。

 ともあれ、なかなか面白企画でしたが、経験上こういうのは
 CDを買ってもすぐ飽きますね。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-22 05:06 | 徒然山
 雑誌で今月のニューリリースCDを見て、買おうと思ったCDが2枚あったんです。

 一枚はヴェルベット・リボルバーの2nd。これは覚えていたんですが、もう一枚がなんだったっけなと。すっかり忘れてしまっていたんですが、思い出しました。

f0053545_2132826.jpg ペリー・ファレルの新バンド、
Perry Farrell's Satellite Partyのアルバム『Ultra Payloaded』です。

 このバンドが動き出したという情報は昨年からありまして、アルバムも昨年夏に発売予定みたいな話だったのが延期延期で、今月はじめにようやく発売になったみたいであります。

 何故かこのバンドの日本での表記は
 「ペリー・ファレルのサテライト・パーティー」

 直訳で何も間違っちゃいませんが、この表記だと
全然バンド名っぽくなくなっちゃってるのは気のせいか。

 ところで、なんでアルバムの存在を忘れてしまったのかと言えば。私は
ペリー・ファレルというヒトを知らなかったからに他なりません。CD屋さんに行って、ペリー・ファレルの名前が思い出せなかったのな(笑)。

 このペーリー・ファレルというヒトは、オルタナティブ・ロックの土台を作り上げたジェーンズ・アディクションというバンドのヴォーカルの方だそうです。って、知ってるヒトにはきっと説明不要でしょうが。
 バンドの名前だけは聞いたことあるようなないような、と思ったら、ジェーンズ・アディクションのギタリストはレッチリに一時期参加していたデイブ・ナヴァロでした。ようやくつながりました。(汗) やべえ、またモグリとか言われそうです(爆)。

 というかそもそも、なんで知らないヒトの新バンドのアルバムを買おうと思ったのかと言いますと、このサテライト・パーティーのギタリストがなんとヌーノ・ベッテンコートなんですよ。一応補足しますが私の大好きなバンド、エクストリームのギターのヒトです。
 ちなみにドラマーも、ヌーノが現在率いるドラマゴッズで叩いているもみあげのヒト、ケヴィンさんです。

 なにやら、ゲストとしてレッチリのジョン・フルシアンテフリーなど豪華なメンツが参加しているそうです。スラッシュも参加してると聞きましたがホンマかいな。


 サテライト・パーティーのライブ映像がユーチューブで見られるんですが、なんかよさげですね。さっきジェーンズ・アディクションを聴いてみて、ペリー・ファレルとヌーノというのは不思議な組み合わせだな~なんて思ったんですが、これがなかなかいい感じに融合してます。雰囲気は、ヌーノのソロ作品に近い気もしました。

 ちゃんと買ったらレビューしようと思います。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-20 21:30 | 徒然山
 ふとネットにて、私の地元の市民プールが廃止されたというニュースを知りました。

f0053545_2314556.jpg 実はこのプール、この前ウチのバンド(Amplified Delta Bluez)で出したアルバム『(Just Like a)Monkey』収録の「蝉」という曲中で詞に書いたプールなんですよ。


 詞に書いた通りで、このプールには子供の頃よく行ったものでした。

 家からこのプールまでは結構な距離があるんですが、夏になれば、友達と自転車を必死でこいで行きました。

 アトラクション的なものといえば、
この写真で見えるすべり台のみ。今では考えられませんが、それでも当時は、赤青黄色の三色のすべり台を、日が暮れるまで何回も何回も滑っていたものでした。

 プールの入り口には、不衛生な出店みたいな売店がいて、ジュースもなんか1.5リットルのペットボトルからコップに注いだだけで、本気でぼったくってました(笑)。


 まあ当時から老朽化が激しかった記憶がありますから、今となってはさすがに廃止になってもしょうがないなと、思います。

 帰省する度に思い出の場所が無くなっていて、地元もすっかり変わってしまいました。


 ところで、この市民プール廃止のニュース。
 てっきり今月のニュースだと思って書いてたんですが、な~んか日付がおかしいな~と思ったら
 ちょうど
  一年前だった。
(爆)
 虎舞竜じゃないんだから。
 全然時事ネタになってなかった。地元関連の皆さん、すいません。(笑)
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-19 00:00 | 徒然山

ブログが調子悪い場合

 ここ一週間ほど、exciteブログの調子が悪いのです。

 この回転富士山も、この数日表示に時間がかかったり、エラーが出たりした方もいらっしゃったかもしれませんが、そういうことなんです。


 まあそういうときに何が一番しんどいかというと、一度書きあがった記事を登校する段階でエラーが起きちゃったときです。
 しょうがないので「戻る」ボタンをクリックすると、
書いた内容が全部消えてたりするのな・・・。

 これは笑えません。

 そんな状況におびえながら、書いております(笑)。


 原因究明中のようですが、なんとか復旧していただきたいものですね。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-18 22:14 | 徒然山