ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

<   2007年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

年度末な場合

 といっても、私にとってはほとんど意識しない区切りですけどね(笑)。

 上半期とか下半期とか、~年度とか、そういう類のもの。ピンときません。

 きっと、お役所勤めの方(よっしーさん?(笑))にとっては重要な区切りなのでしょう・・・・・・いや、きっと社会人たるものならば意識する区切りなのでしょうか?実際のところがよく分かりませんが。


 「そういう類のもの(区切り)」と特別視してはみたものの。

 長い目で見れば、時間の区切りなんてものは、年始だろうが年末だろうが、月初めだろうが月終わりだろうが、今日の始まりだろうが終わりだろうが、「時間の区切り」という点ではみな等しいんですよね。

 ・・・って、ここまできてこんな内容のことを何度も書いている気がしてきましたが、構わず書きます(爆)。(そういうことって、読み手のほうが書き手のほうよりも気づくもんですよね・・・)

 とはいえ、何故ヒトがそういった一個一個の「区切り」を大切をするのかといえば。
・それがあることによって日々にメリハリ・緊張感を生んだり、
・それが何らかの行動のきっかけになったりするから じゃないのかな~と思います。

 一般的には、暦があって週単位や月単位で動くことで、生産性はあがるんでしょう(ただし私の場合「・・・・・・を一週間で終わらせよう」と思うと、7日目まで働かないから、逆に生産性がさがっている気がする)。
 また、追い詰められないと本来の力を出せないまるで「キン肉マン」のような人間にとっては、〆切というものの存在が非常に重要、と。そういうことでしょうな(笑)。

 また後者は、「何かの記念日がヒトを動かす」ということの有用性でしょうね。世に様々な記念日がありますが、それがきっかけで何か事をはじめようとか、何かを贈ろうとか、そしてより社会が回っていく。単に経済効果のみならず、ヒトにとって大きな意義があるでしょう。


 ・・・と。
 な~んてことを思ったわけですが、そんなことを考えている暇があったら、早く仕事しなさいといういつものオチでしめるとして(爆)。

 ということで、'07年度も、(なるたけ)気合い入れていきまっしょい。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-03-31 11:22 | 徒然山

連日飲んでいる場合

 なにやら、連日飲んでます。

 いやいや、飲んでる場合じゃないんですけど!

 火急的早急にミックスダウンをしなければいけないのですが、どーも職場の飲みが(苦笑)。

 さすがに、アルコールが入っている状態で音の調整なんてできないです。無理です。

 というわけで、今日も飲んじゃったので、寝ます。おやすみなさい。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-03-29 23:59 | 徒然山
 この前の日曜、テレビ東京で唐突に放送されていた全日本プロレス2.17両国大会。わたしは見逃しませんでした。

 って、三冠戦「鈴木みのる×小島聡」なんて随分前の話な気が・・・。一ヶ月以上経っちゃってますからねぇ。
 どの試合も好カード揃いでしたが、特に中嶋勝彦のジュニアヘビー戴冠は素晴らしい試合でした。ええ。

 そんでもってチャンカー(この略し方なんとかならないですかね・・・チャンピオン・カーニバルのことですが)ですよ。
 すごい面白そうなことになってますよ・・・!昔の全日は、参加選手を見るだけで、それなりに優勝しそうな選手が見えていたものです。しかし、これは分かりませんね~。いつのまにこんなに豪華になったんでしょうか、全日。(とはいえ、フリーの選手多いですけど)

 というわけで、テレ東は是非毎週放送してください。お願いします。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-03-28 23:49 | 徒然山
 今回は録画もせずに、ちゃんと見てしまいました。

 昔からこの番組はずっと見てます。昔は毎週やってたんですが、どんでん返しのワンパターン化と、純粋にネタ切れで終わってしまいました。番組終了間際頃はオチが読めるようになっちゃって、ホントつまらなくなっちゃってましたからねぇ。

 現在では年数回の特番のみです。ええ、ストーリーの奇抜さとラストのどんでん返しのクオリティを維持するには、毎週はキツイですよね・・・。このくらいのペースで末永くやってほしいものです。


 今回は五話。

 まあ一話一話つまんでいくのも何なのでやめときますが、それにしても、オチひねり過ぎじゃないですかね(笑)。各話ごとに「どんでん返しに(念を入れて)更にどんでん返し」みたいなことになってました。なんとなく予想できるオチを更に裏切る、みたいな。
 といいつつも、ファンとしては「そうこなくちゃ」とも思いますけど(笑)。

 あと、このシリーズの特筆すべきは脇役ですかね。設定がおかしいから脇役が光っちゃってしょうがない(笑)。

 個人的には雰差値の話が好きでした。それにしても、どーでもいいですが永作博美ってあんなに幼かったでしたっけ・・・?
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-03-26 23:56 | 徒然山

THE ANSWER 『RISE』(2006)

f0053545_0384620.jpg 回転度・・・★★★★★★★★★☆ 9

 「21世紀のレッド・ツェッペリン」とまで評される、アイルランド出身のブリティッシュ・ハードロックなバンドのデビューアルバム。

 遅ればせながら、ようやく手に入れました。
 このTHE ANSWER、いろいろなところでかなり高い評価を受けているのであります。

 個人的には、ZEPを引き合いに出してしまうのはどうしたって誇大評価に思えるのです。ジミヘンも然り、ビートルズも然り。もはやその辺りのヒトたちは、唯一無二なバンドじゃないかと思うんですよ。伝説というか。伝説を引き合いに出してしまうのもなんというか。


 なんて小言じみた話はともかく。


 結論から言えば、レッド・ツェッペリンとまでは言えないと思います。

 ・・・ただ。それ以前に。

 いや~、どうしてそこまでおいらのツボを突くのかと(笑)。


 特に目新しいことは全くやってません。
 ギターリフやバンドのブレイクの入り方の感じはもろツェッペリンだし、このヴォーカルのシャウトっぷりはAC/DCなんかを彷彿とさせます(ちなみに、ジ・アンサーのレーベルはAC/DCと同じアルバート・プロダクションなんだそうな)。ハードロックの、王道中の王道、ど真ん中です。近年のバンドで言えば、ダットサンズやジェットといった感じでしょうか。

 ギターはもろレス・ポールですねこれ。やっぱりハードロックはこれじゃないと、と勝手に思っているので、そういう点でも言うことないです。そして、スライドギターとか入ってくんのね。メンバーはブルースが好きらしく、そういうテイストを出したかったともおっしゃってまして。

 演奏がけっこうイナタかったりするんです。ギターソロなんかも私ですら「うわ~・・・そこでメジャーペンタ?」て思ってしまうくらいイナタイです(笑)・・・が、それが逆にこう、なんともロックです。


 オリジナリティという点を考えたら、どうしても☆一個減ってしまいましたが。
 その手のサウンドがお好きな方は、是非聴いてください。よいです。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-03-26 01:04 | 盤評山
 引っ越して一ヶ月が経とうとしております。

 家の近所をいろいろ回ってみたのですが、ラーメン屋に乏しいと思っていたさいたまにも、それなりにあるものです。

 てな感じで、本日も一軒行って参りました。

(・・・店の名誉の為に、店名は伏せます(笑))

 えーとですね、カウンターとテーブル席(何故かテーブルはひとつしかない(笑))がありまして、意外と店内は広いんですが、厨房で三分の二くらいとられてます。でもって、その厨房を囲むようにカウンター席、そして追いやられるようなテーブル席。

 マスターと奥さん(なのか?いやきっとそうだ)二人できりもり。人当たりは非常にいい感じであります。
 で、テーブル席しか空いてなかったので座ったんですが、なにやらラーメン屋らしからぬ香りが。「(・・・?いったいこの匂いは・・・?)」と思いつつも、醤油ラーメンを頼む。

 まあ遅くもなく出てきました。

 まあ普通な感じです。とりたててまずいわけでもなく、なかなかのノーマルな感じ。(いまいち書くことがない・・・(苦笑))

 食べ終わって、トイレへ行ったそのとき。謎は解けた。

 さきほどのらしからぬ香りの正体は、

 トイレの芳香剤!

 そりゃないぜセニョール!(大槻ケンヂ調で)


 ・・・しまった。さいたまのラーメン事情を如実に裏付ける報告となってしまった気が・・・。

 いや、ラーメン自体は普通でしたけどね(笑)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-03-24 22:56 | 徒然山
f0053545_2016434.gifTHE☆WESTHIGH
  『Platinum Diamond』【右:ジャケット】

発売記念イベント第一弾
 「Daborix-revolutions-序章」


 にサポートギターで参加してきました。

 当日はTHE☆WESTHIGH(以後表記:ウエハイ)含め7バンド出演の長丁場。ウエハイが当然トリなのでリハは最初、入りは13:00。早っ!因みに出演が21:00予定。長っ!

 まずもってリハーサルですが、爆音ギター二本が混沌とするリハスタに比べて、やりやすいったらありゃしません(笑)。ちゃんと各自の音が分離してます。大概ライブハウスではやりにくく感じるものですが、むしろ逆でした。

 そして、いろんなバンドさんがやってくるんですが、なかなかいいバンドが揃っていたのではないかと思います。こっそり、うらやましいです(苦笑)。
f0053545_203820.jpg
 物販コーナーにて。
 のんびりしている私を尻目に、主催者のウエハイメンバーは忙しそうです。

f0053545_19552228.jpg 特にけいじさん、もといあくまで「リーゼント鈴木」氏(笑)【右写真】は、当初MCをしてもらう予定していたお笑いコンビさんが出演できなくなってしまい、急遽自らMCをしなければならなくなって大変そうでした。ちなみにリーゼントのヅラとでっかいグラサンは、開場30分前に会場(池袋Adm)のすぐそばのハンズにて買ってきたものです(笑)。お疲れ様です。

 でな感じで18:00開演。私は出番まで、普通にお客さんのように見てました。
 時間が押して、結局ウエハイの出演は22:00前でした。

 本番。
 自分の音が聞こえない・・・!おそらくは周りのメンバーの音がでかくなったのだと考えられますが、リハで聞こえてたはずの音が聞こえません。スライドしても、音程があってんのか(!)何なのか分かりません(苦笑)。やむを得ず、しないはずのブーストをかましたりして音量をあげちゃったりしました。

 まーまー、自分の演奏はそれなりでしたかねえ。もっと詰めることはできたんでしょうけど、なかなかそうもいかずと言う感じでしょうか。楽しかったからまあよしとしましょうか(いいのか?)。

 ライブ後は、5バンド目に出演された渡辺ケイジさんのバンドと打ちあがりました。

 ちなみに『Platinum Diamond』は全国のレコード店で注文して購入できますので、皆々様よろしくお願いいたします。まー私はCDのほうは全くかかわってないですけど・・・(笑)。

 ともあれ、サポートという貴重な経験をさせていただきました。
 見ていただいたお客さんありがとうございました。
 そしてウエハイの皆様、関係者の皆様、お疲れ様でした~!
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-03-23 20:00 | 徒然山

四度、小手指リハな場合

 四度目にして、初めて小手指が所沢市の小手指町であることを認識した次第。

 いよいよ本番を翌日に控えて、直前のリハです。


 ・・・って、本番はもう今日なんですけどね・・・ははは。


 23:00~01:00で練習に入り、02:30~05:20まで例によって秋津駅前の漫画喫茶で過ごし、今帰宅しました。池袋アダム入りは13:00なので、ギターの復習してたら寝られないですよこれ(苦笑)。
 フラフラになるよりは、寝ようと思います。まーリハのあと、本番まで時間はたっぷりあるんですけどね。なるようになります。

 それでは、池袋で会いましょう。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-03-22 06:28 | 徒然山
 モービルのライブが終わるや否や、次は明後日ウエストハイのライブが待っています。

 前回のリハーサルにて、プロデューサーの方に言われた課題がありまして。今日はどうしてもスタジオに入る必要があったんです。

 その課題とは、いつもと違うギターアンプで音を作るという、つまり「JC120での音作り」であります。

 練習では、ウエハイのヴォーカルけいじさんはJC、自分はマーシャルを使わせていただいてたんですが、弾いているフレーズ的に、アンプを逆にしたほうがいいんじゃないか?と。
 確かに、けいじさんのフレーズは常時やや歪ませた感じのバッキングに対し、自分は完全クリーンのアルペジオやカッティング主体、あとはソロみたいな極端なセッティング。なので、マーシャルよりもクリーンがきれいなJCのほうがいいんじゃないか、と。

 ええ。

 正直言いまして、JCは苦手です。

 自分はエフェクターでも、ボスのなんかジャーっていうとこが耳につく音がどうも好きになれないんです。でもって、JCでコンパクトエフェクターを使って歪ませると、なにやらボスっぽい音になる気がするんですよね。いろいろいじるんですが、どうしても抜け出せない音。

 しかし、過去のギターマガジンの「JC使いこなし術」という特集で、「チャンネルリンク」という技があるのを知りました。
 要はチャンネル2の音をチャンネル1に突っ込む、という無茶な結線をします。これによって、チャンネルの1,2ふたつのEQをつかうことができるんですよ。セッティング的には、どちらのチャンネルもMIDを極端にフルにするんです。これによって、歪みが高音低音ばかりになってしまうのを改善できるという。

 実際やってみたら、元々のアンプのブリっとした感じがなくなってなかなかよかったです。本番もこれでいこうかなと思ってます。

 まーでも、マーシャルの方が音作るのは速いよな~なんて思いつつ。それなりにまとまったからいいものを。

 そーいや、今月号のギターマガジンのブッチャーズの田淵ひさこさんのコラムが、ちょうどJCとマーシャルについてでした。グッドタイミング。とはいえ、あまり参考にならなかったですけど(爆)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-03-21 02:04 | 徒然山
 やってきました。

 今日のライブはちょっと、いやかなりレアでした。こういうライブもなかなかないです。

 詳しくはMOBLOGのほうに書いていこうと思います。


 バンドのことはMOBLOGに任せるとして、今日は新宿に行ったついでにCDを買ってきました。
 気になっていたTHE ANSWERと、TIGERのアルバムを買ってきました。
 帰ってきてビール飲みながらとりあえずジ・アンサーのほうを聴いておりますが、カッコいいです。「21世紀のレッドツェッペリン」は言いすぎだとは思いますが(笑)。ツェッペリンはちょっと別格ですからねぇ。あそこまでの奇跡はそうそう起こらないと思います。

 これからTIGERを聴きます。って、えらい中途半端な日記ですいません(笑)。

 それにしても、ライブのあとのビールはうまい。あい、もう寝ます。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-03-20 01:47 | 徒然山