ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

<   2006年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2006年年の瀬な場合

 八王子潜伏からの続きです。


 結局、漫画喫茶にて「キン肉マンⅡ世」ラスト10冊を一気読み。相変わらずのぐだぐだなストーリーになんだかんだときめき、二時間しか寝ずにチェックアウト・・・。

 その後、ベースのたっつぁんが、Sadowskyのベースを物色するということで秋葉原へ。と、その前に、御茶ノ水好きな私はこっちにもあるんじゃないとかいいつつ、一路御茶ノ水へ(笑)。

 何気にワウペダルが気になっていたので、寄る楽器屋で物色していたんです。
 で、ギターも持っているもんだから、調子に乗ってブッダやらヴォックスやら試奏してたんですよ。そして、ついに買ってしまいました・・・。
f0053545_14454320.jpg
 段・エレクトロ!この馬鹿馬鹿しいルックス!(笑)素晴らしい。しかも、ルックスとは裏腹に、音は使えます。トゥルーバイパスじゃないのでノイズ面が気になりますが・・・。この辺は後ほどレビューしようと思いますが。

 ・・・やっぱり、年末に御茶ノ水にいくものではない。


 その後秋葉原にいって、結局たっつぁんはもうちょっと様子をみるということで買わず終い。私の買い物になってしまいました(苦笑)。


 帰宅後、髪を切りにいきました。

 玉木宏の写真(笑)を持っていったはずなのに、全然短くされました・・・。切りすぎ。

 しかも、それだけに飽きたらず、

耳まで切られました・・・。

普通に、「ぶちっ」て・・・。言うほど大事には至ってませんが・・・。ありえねえよ。


 そんなこんなで妙に疲れちゃって、大晦日へ突入。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-12-30 23:59 | 徒然山

八王子に潜伏する場合

 只今、八王子の某ネットカフェに潜伏中。


 何やってんのかって、いやはや今日はバンド練習だったんですよ。バンド練の前に、大学時代のゼミの友人と「ステーキのどん」などに飯を食いに行き。ちなみにサポートのベーシストはゼミの友人ですから、都合三人で飯食いにいったことになりますが。はい。

 で、そのあと某ヨドカメラに行き。いや~、テレビが欲しい。もう14インチのTVはうんざりなんですよ。プレステやると、字がつぶれちゃうから。なんて言いながら。

 バンド練の前に、個人練2時間。

 そして、バンド練3時間。

 Mobile One忘年会3時間(笑)。

 そして、今にいたります。

 決して終電に乗り遅れたのではなく、確信犯的に漫画喫茶=ネットカフェに滞在しているわけです。

 それにしても・・・先日の池袋の漫画喫茶とは雲泥の差です。もちろん個室で、とっても静かです。私の、このブログを打つキーボードの音だけが、カツカツと響いてます(笑)ちょっと恥ずかしい。ていうか、このキーボードいいな(爆)。感触がかなりいいですが。

 てな感じで、今年も残すところあと二日になってしまいました。

 年の瀬 ああ年の瀬 年の瀬

 字足りな過ぎ。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-12-30 01:04 | 徒然山
 Mobile One新音源のベースを弾いております。


 ここ一週間ほど延々とベースのラインを作ってたんですが、全くもってはかどらなくてですね。ベース持つと眠くなって「ああもういいや今日は寝よっ!」なんて日が何日かありまして・・・(苦笑)。

 実は今日も眠かったんですが、そろそろ真面目に取り組まないとまずいので、やりました。眠いのは一線を越えてしまえばなんとかなるもんです。あんまりよくないとは思うんですが、私の場合、こういう作業は徹夜気味にやらないと進まないんです・・・。

 何度も弾き続けてベースラインはなんとなく決まってきたんですが、それを再現する技術がないという(笑)。めんどくせえから録音しちまえ、とか思ってレコーダー回しながら弾いてたんですが、弾けば弾くほどベースが上手になっていくのが分かります(笑)。つまりは、そのくらいおぼつかないプレイをしているんです。

 そんなこんなで回数を重ねるごとにじわじわと演奏も安定し、やっと一曲あがりました。この一曲で、だいぶベースに慣れてきた気がします。なんとなく、ギターとベースのツボの違いが見えてきた気がします。ベースはリズムをはっきりさせないと駄目ですね。私のギターソロはリズムをどれだけあやふやにさせるかにポイントがある(どんなギターやねん)ので、そんな感覚でベースを弾くと、どうしようもないベースになってしまうのであります。


 まあ、この調子で一気に他の曲もあげたいところ。


 そのあとにはギター録りが待っているんですが、こっちはもう全部1テイクでいきますよ(笑)。おぼつかないベースのうっぷんを晴らすかのごとく、1テイクでいきますよ。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-12-29 05:18 | 徒然山
 池袋ADMにてTHE WESTHIGHのライブを観てきました。


 今年は結構観に行った気がします。って、この前(10.6大宮ハーツ)は対バンさせていただいたんでしたっけ。
 今日は1バンド目。非常にいい感じでした。なにより、ライブハウスにありがちな「冷たい空気」(笑)が感じられなかったですから。
 でもって、今日はデモ音源もプレゼントということで、いただいてきまして、今聴いております。以前聴かせていただいたバージョンより音が増えてゴージャスになっております。これまたいい感じです。

 2バンド目のオレンジ・カーニバルというバンド・・・あれ、以前Mobileと対バンした記憶があるが。登場した金髪の兄さん、そうだ、確かに対バンしましたよ。今日はヴォーカルとベースの編成でしたが、何でですかと聞いてみたら、なんとドラマーさんが妊娠中だそうで!むしろおめでたかいみたいな(笑)。

 ところで、そんなウエストハイと私ですが、只今ちょっと面白い企画が進行中であります(笑)。こうご期待?期待していいのか?(笑)


f0053545_1131788.jpg ADMに行く前に、タワレコに寄ってジョニー・ラングの新譜「TURN AROUND」を買いました。国内盤が出たら買おうと思っていたのですが、国内盤はどうやら出ていない様子です。前作の売り上げが悪かったのか・・・非常に残念であります。
 弱冠16歳でデビューした「天才ブルースギター少年」(てやっぱり書きたくてしょうがない(笑))、現在25歳ですが・・・。

 ほんっと、これは・・・やばい!

 ジョニー・ラングの新作を聴く度に驚かされるのは、

その年齢からは考えられないおっさん声、もとい歌唱力

 もともと出始めはブルースギタリストとして注目された気がするんですが、わたしゃ専らそのヴォーカルに注目してます。まあ唄ってギター弾いてっていう、一介のブルースマンてことですな。
 で、前作で完成かと思われていたそのヴォーカルなんですが、今作、さらに磨きがかかってしまった驚異のおっさん声・・・。これはやばい。ジョン・メイヤー(27)も目じゃないですよこれわ(ジョン・メイヤーもいいですけどね)。
 相変わらず店ではブルースにカテゴライズされてますが、例によって全然ブルースじゃないですよ。

 しかし、なんでこれが国内盤出ないかな~・・・。不満です。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-12-28 01:34 | 徒然山

爆弾低気圧な場合

 「暗いニュースが続く・・・」なんて文章のはじまり方がお約束と化している現代日本です。

 それでもニュース番組、お天気コーナーに移るや否や空気が一転、お天気キャスター(女子アナ)の明るい声で「それでは明日のお天気です」なんですが。

 「報道ステーション」古館一郎、偽装マンションや裁判といった暗いニュースのあとに、切迫した声で「次はお天気です、非常に気になります」

 休まりませんな~・・・。


 そんなこんなで、がっつり雨に降られてしまいました。

 味の素ギョーザを喰いつつ録画した「のだめ・・・」最終回を見、とっとと寝ました。


 そんな日も、ある。


 そーいやのだめ、アニメもやんのね。セル一枚分の絵しか見てませんけど、のだめの絵が妙に雰囲気違ってました。ま、そういうもんですな。
 原作とアニメの「北斗の拳」の眉毛の太さほどは違ってなかったからよしとしましょうか(笑)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-12-27 11:10 | 徒然山
 母校の大学、私が所属しておりましたロック研究会の定期演奏会を観に行きました。


 大学を卒業して6年。毎年定演は観に行ってました。が、もうぼちぼち現役生の顔も分からなくなってきてまして、今年はいいかななんて思ってたんですが、ふと招待のハガキが目に入り、やっぱりそぞろ気になって急遽八王子へとんで観に行きました。

 私が着いたときには、既に半分終わって休憩タイム。前半に演奏してた皆さんごめんなさい。


 後半からはがっつり見させていただきました。
 現役生たちが、必死になって演奏しているのが伝わってきました。

 場所は違いますが、数年前の今頃、自分もこうして必死になって演奏してたのを思い出しました。あの頃は、自分も今よりさらに下手くそだったな~と・・・。

 もはや、ここがよかったとか悪かったとか、そういう細かいことは言う必要はないよなと、そう思います。気持ちだけ伝わってきたので、それでいいんじゃないか、とそう思います。


 頑張れ、ロック研究会。

 欲を言えば、来年はわたしに音響やらせてください。(爆)
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-12-26 20:35 | 徒然山

箱根に行く場合

 23、24日と、大学時代の先輩たちと箱根の温泉に行ってまいりました。


 23日朝出発、まずは箱根の地ビールを堪能。

 その後、小田原城へ。

 城の敷地内には、なんと象がいるんです。
f0053545_23373129.jpg
 結構唐突にいます。やはり、エサはあげてはいけません。
 猿もいます。
f0053545_23383664.jpg
 寂しそうにとれてしまいました(笑)。やはり、エサはあげてはいけません。
 他にも、孔雀やらそこそこいろんな動物がいたりします。小さな動物園的な。

 そして城に攻め込もうとしましたが・・・、
f0053545_23355235.jpg
 場内に攻め込むには、400円取られます。難儀な世の中になってしまったものです。特に攻め込まず、退却(笑)。意外と小田原城はこじんまりとしていました。
 しかも、さほど入り組んでいるわけでもないのに、出口迷いました(笑)。戦国時代だったら武将に怒られているところでした。

 その後買い出しをし、宿へ。

 温泉に入って、夜は鍋大会。就寝。

 翌日、朝時計が15分進んでいるのに気づかず部屋を追い出され(苦笑)、大涌谷へ。
f0053545_23463183.jpg
 富士山です。回転はしてませんが。カメラの設定が悪いのか、ちゃんと写ってなくてすいません。
 それにしても、この荒んだ世の中にあって、見る人を唸らせ、若者に写メールまで撮らせる(笑)この富士山というやつは、なんてすごいのでしょうか。単なる山なのに。生まれ変わったら、富士山になりたい(嘘)。

 そして、硫黄。
 お約束で、玉子です。玉子が、うめえんだ(笑)。延命のご利益があって、一個で七年、二個で十四年長生きできるんだそうです。そんなもん、言うだけならなんとでも言えますが・・・(笑)ちゃっかり二個食べました。

 そして帰路へ。

 この時期、街は否が応でもクリスマスをつきつけてきやがりますが、箱根はまるでクリスマスのことなど忘れてしまったかのようでした。
 二日間天気もよかったですし、ゆっくりできました。

 旅に連れて行っていただきました皆様(笑)、ありがとうございました。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-12-25 23:58 | 徒然山
 先日のベース録音でも既に使用したんですが、新しいヘッドホンを手に入れまして。


f0053545_1105312.jpg SONY MDR-7506【右写真】です。

 某音家さんのヘッドホン売れ筋ランキングでも2番目につける、定番の一品であります。

 ところで、このランキングで、恐らく不動のトップをキープし続けているであろう、モニターヘッドホンの定番中の定番があります。

f0053545_1181645.jpg SONY MDR-CD900【右写真】。

 業界の方ならまずご存知でしょう。テレビでレコーディングの現場が映されると、ものすごい高確率でこの赤いラインのヘッドホンが使用されています。
 私もこれまで、この900を使っておりました。

 7506と900。一見、同じヘッドホンを角度を変えて写真を撮ったようにしか見えません(笑)。見た目の違いといえば、900の赤ラインに対して7506は青ラインくらいでしょうか。


 ただ機構上、7506は900と大きく違う点が二つあります。

 ひとつめは、折りたためる点。パッドの付け根の部分が折れて、コンパクトにまとまります。
 ふたつめはプラグがミニジャック仕様である点。勿論標準ジャックへの変換プラグも付いてます。

 プラグは付け替えればいいんですが、折りたためるのは非常に魅力的であります。なにせスタジオへレコーディングにいくときは、少しでも荷物を減らしたいものですから。ヘッドホンは、意外とかさばるんですよね。

 というわけで、7506を購入したのです。


 某音家さんの商品説明によると「900STよりの柔らかい音色でやや膨らみのある低音が特徴的」とあります。

 ・・・が。

 900と聞き比べても、全くもって硬い音しかなりません。全然硬いです。びっくりしました。

 まだエージング(ヘッドホンやスピーカーの慣らし鳴らし(笑)みたいなもの:振動盤を音になじませることでそのモノ本来の音になってくる)してないのできっとそのせいだろうとは思いますが、それにしても全然硬いと思うのは気のせいでしょうか。900の音がまろ~く聴こえます。

 もしかしたら、長年の使用で私の900がヘタってきているだけなのだろうか?などと不安になります。

 とりあえず現在、7506は延々と「波の音(エージングの効果がある)」を出しつづておりますが。さっき聴いたらまだまだ硬かった。これホントに900より柔らかい音になんのかな。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-12-22 01:39 | 徒然山

亀田のケンカ祭りな場合

 今日はMobile One新音源の唄録りをしていたんですが、たまたま休憩中にTVつけたら祭りやってまして(笑)。勿論、WBAライトフライ級試合、亀田興毅×ファン・ランダエタです。


 しかも、ちょうど両者が入場するところ(笑)。見逃さなくてよかった、そして今日はどれだけあったのかは知らないですが余計な前置きを見ずに済んだ、と。

 リングアナが(何故か最近めっきりワイドショーのレギュラーになっている)虎舞竜の高橋ジョージ(笑)。ジョージに呼ばれたランダエタはいたって普通に入場。
 一方、(明らかにジョージにテンション高で呼ばれた)亀田の入場の長いこと長いこと・・・。なんですかあの待遇の違いは・・・。

 ていうか、なんですかそのトナカイは!

 プレゼントはお前の勝利で充分だからよぅ、試合前に配るなって!

 と、ため息をつくのもつかの間。
 ベネズエラ国歌が独唱される。あれ、君が代は誰が唄うんだろう・・・まさか、高橋ジョージが「日本国歌、俺が歌います!」って言って唄うのか?とか思ってたら、

 アッコさんかい!

 「きぃ~みぃ~がはぁ~あ、
  よほぉ~ぅうをぉ~わはぁ~」


 うお~・・・、アッコ節全開。(笑)


 ・・・て、そんな前置きはどーでもいいとして、試合内容。

 いやいや、びっくりしましたよ、亀田。これだけ変われるもんなんだな~と思いました。前回はあれだけケンカみたいなボクシングしていたヒトが、人が変わったように落ち着いた試合運びを見せていました。何度か追い詰めるシーンがありましたが、それでも決して深追いはしない。亀田の戦術が完全にハマってました。
 そもそも今日は動きが非常によかったと思います。左のストレートが実によかったと思います。

 一方のランダエタは精彩を欠いてましたねぇ~・・・。前も書きましたけど、誕生日が私の一日後なので、密かに応援していたんですが(笑)。
 前回の動きも伏せて見るに、この選手は巧い選手だな~と思うんですけど、それをここまで封じ込めた亀田がよかったですね。

 実は私も素人目で採点してたんですが(笑)、亀田118:110ランダエタてな感じで。これでも贔屓目で見ないようにしたつもりなんですけどねぇ・・・。1ラウンドと最終ラウンド以外は亀田がとってたんじゃないかと思います。


 ところで、ひとつ気になるのが、3人のジャッジの採点結果です。

 115:113、116:111、119:108というのがその結果なんですが、

 115:113?

 亀田が勝ったから誰も突っ込まない部分だと思うんですが(苦笑)、あれで2ポイントの差しかつかないですか?前回の判定よりよっぽどおかしいと思うんですが・・・。
 ボクシングのジャッジというのは実によく分かりません。ひとり119:108という、自分と似たような採点してるヒトもいるのに(笑)。そりゃあ前回みたいな裁定になることも、なきにしもあらずではないのか?とか思ってしまいますよ。
 野球のアウトかセーフかは、ビデオでも見れば誤審かどうかははっきりしますけど、ボクシングの判定ほどアバウトなものはないですね。まあ、どうか大方が納得できる結果が出るような判定をしていただきたいものです。


 ともあれ、亀田はなんだかんだいってもいいボクサーだと思います。まだ20歳だし、頑張って欲しいものです。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-12-21 02:12 | 格闘山
 Mobile One新音源のベースを録音しました。


 ベースを弾いたのは、オリジナルメンバーの山田でもなく、現在サポートしてもらっている通称たっちゃんでもなく、私自身でもなく、大学時代の後輩でありますだいすけ氏(←ミクシーのハンドルネーム表記)です。
 私は相変わらず、楽器も持たずMTRだけ持って録音野郎に徹するわけです。

 が、なかなか時間もとれず、録音時間は2時間!場所は南浦和、一曲録るつもりの超速攻録音でありました(笑)。


 今日を含めて、自分の曲を3人のベーシストに弾いてもらうことになりますが、人が変わればフレーズの展開やアプローチも全く変わってくるんだなぁ~と独り密かに目から鱗。
 自分で作った曲となると、アレンジは一つの面でしか考えてないものでして。こうなるもの、と思っているものだから、どうもアレンジの幅は限られてしまうんですね。ところが、曲に自分のような固定概念がない人が弾くと、全く別の側面からのアレンジが出てくるんですな。思ってもみなかったような、不意に、みたいなアレンジが。これは吃驚します。
 こういう化学変化みたいなものがあるとバンドは面白いですね。幸いMobile Oneも「ええ~!そうくんの?」みたいなことばっかりですけど(笑)。


 録音は、ラインと、アンプに立てたマイクの2系統で録りました。

 ベースからパラレルで、一方はMTRのハイインピのインプットに直。もう一方はギャリアンクルーガーのアンプに突っ込んで、SM57立てて録りました。て書いてもよく分からないでしょうけど、写真を撮ってる余裕は、なかった(笑)。

 で、だいすけ氏。さすが本職のベーシストであります。

 プロデューサー気取りなわたしに「ここの音をずらして、こうしてもらえる?」とか「コードがここはこうなんだよね」て言われて、すぐ弾けるのがすごい・・・。これが自分だったら、修正に30分くらいかかるだろうな~・・・(苦笑)。

 なんて唖然としてる間に、一曲録音しました。ありがとう。あと数曲、だいすけ氏よろしくお願いします。(笑)

 というわけで、1月に間に合うかどうかは、私次第です(汗)が、極力頑張りますので。

 ご期待ください。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-12-20 00:29 | 徒然山