ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

カテゴリ:vs新商品( 10 )

f0053545_23575175.jpg おまっとさんでした(愛川欣也風)、vs 新商品のコーナーです。

 ほんと、随分久し振りな気がします。

 今回は、キリン120周年を記念して限定醸造されたというKIRIN 明治のラガーと大正のラガーを、一挙に相手してみました。
 その名の通り、それぞれ明治時代と大正時代のラガービールの味覚を忠実に再現しているのだそうです。

f0053545_0124494.jpg このビール、ネタとしてはなかなかではありますが、店で手に取ったときには正直あんまり期待してませんでした。
 冷静に考えて、120年前の商品が現代に通用するはずがないと思ったからです。いちいち引き合いに出してなんですが、世紀を超えて通用するのは楽器くらいなんじゃないかと思います。ギター・・・もそうですけど、ヴァイオリンが最たる例じゃないでしょうか。

 一方で、ビールの醸造の技術なんかは120年で格段に進歩してるでしょうから、絶対に現代のビールのほうが美味いんじゃないかと思うんですよ。戦前のビール、と文字にするだけで何かロクなもんじゃないような気がするのは偏見ですかね・・・。

 ともあれ、迷わず飲めよ、飲めば分かるさ、ありがとー!というわけで(どういうわけだ)、早速飲んでみました。

 しかも、明治と大正の2本を同時に購入しましたが、レビューのため、わざわざ二夜に分けて飲みました(笑)。2本目が1本目に負けて、味が分からなくなる可能性がありますので。


 しかし、そこまでしておいて、
何故か大正のほうを先飲んでました。
 これはただのミスです。(爆)

 大正のラガーを飲んで瞬間的に思ったのは「薄い!」ということ。
 薄いというとマイナスなイメージになってしまいますが、プラスなイメージの言葉に置き換えれば「あっさり」という感じでしょうか。

 キリンのサイトによると、「苦味にコクと芳醇さが加わった味わい」なんだそうですが。

 コクとか芳醇さとかはよく分かりませんが、変わった味には違いないです。レビューになってませんけど(笑)。
 いつものキリンビールに比べるとインパクトがなくて物足りないかな~とも思うんですが、しかし飲んでいるうちに、これはこれでまあいけるかな~なんて思ってきたりするのが不思議です。


 そして、明治のラガー。

f0053545_025498.jpg 飲む前にウケてしまったんですが、ラベルのキリンがあまりにもしょぼいです。

 大正のほうは現在も使用されている「いかにも空想上の生き物・麒麟」的イラストなのですが、明治のほうはご覧の通り。

 やせっぽちの犬みたいで、
 貧相過ぎ(笑)。

 これでは味のほうもあまり期待できないかな~なんて思ったりしてしまったのですが、飲んでみると、意外にも、大正より若干重めな感じ。

 キリンのサイトによると、「苦味が効いた重厚で調和のとれた味わい」なんだそうです。

 まあそれでも現代ラガーに比べればあっさりとはしているのですが、これはなかなかいけます。これは割と、あっさりめのビールという感じで現代にも通用しそうな気がします。


 両方飲んでみて、まあどちらにも言えることですが、仕事終わってとか風呂あがりに一杯という状況に飲みたいのは、断然現代ラガーだなと。一杯目のビールは、インパクトが大事でしょう。
 もしかしたら、昔のビールは贅沢品みたいな感じだったのかなーなんて思ってしまいました。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-12-14 00:32 | vs新商品

vs 麒麟ZERO

f0053545_223248.jpg はい、久し振りにやってまいりましたvs 新商品です。

 今回も再びビールの類で、KIRINより麒麟ZERO。低カロリー商品です。

 低カロリー、糖質オフという方向は各ブランドが着手している定番中の定番な戦略でして、KIRINで言えば、「いーんだよ!グリーンだよ!」でおなじみ、淡麗の糖質70%オフであるグリーンラベルといった具合。

 今回の新商品である麒麟ZEROは、糖質をできる限りゼロに近づけ、アルコール由来のカロリーも抑えることで、発泡酒でいちばん低カロリーの「19kcal/100ml」を実現したというもの。


 なんですが、正直この手のカロリーオフな商品は、
美味しかった試しがない。

 カロリーを抑えるとどうしてもおいしいところが犠牲になってしまうわけで、これがダイエットというものの難しさに直結している部分だとは思うんです・・・(笑)。
 まあ今現在の私にとってはカロリーなどオッパッピー(=そんなの関係ねえ)なので、カロリーオフの必然性は全くないのですがね・・・。

 故に、今回この麒麟ZEROもほとんど勝負は見えていた感があったのですが、やっぱり一度は試しておかないと、と思ったのと、
 CMの相武沙季に免じて
飲まないわけにはいかないと思ったので。(爆)
f0053545_22391595.jpg
「とっっても飲みやすくて、おいしいですよ」
 ですって。(メイキングムービーより)
 かーいいっすね、ええ。


 で、飲んだんですけど・・・
 相武、コラ!(爆)

 全然おいしくねえよ!

 あのですね、この期待外れ感は、初期のダイエットコーラ並みですね・・・(笑)。

 大体、お酒飲んで太る原因はつまみのカロリーがデカいんじゃなかったでしたっけ。

 せめて、反町隆史(CMのもうひとりのイメージキャラです)には八つ当たりしてもいいだろう(笑)。

 ていうか、ダイエットするならビール飲むなや。(苦笑)
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-02-29 22:42 | vs新商品

vs KIRIN THE GOLDな場合

f0053545_327496.jpg 今回は、発売してから結構経ちますがKIRINより100年目の新ビール、KIRIN THE GOLD

 このコーナーがなんかビールばっかしになってきてますが(笑)飲むのに理由など要りませんので、同様にそんな勢いで(爆)。


 私、ビール類は(ASAHIのPRIME TIMEを除いて)もっぱらKIRIN派です。(PRIME TIMEはちょっと別格。今も売り続けてくれているので、ありがたい限りですが)

 THE GOLDは「隠し苦味」のキーワードをひっさげたKIRINの新商品として2007年3月に発売されました。コレのびんもある辺りに、KIRINの気合いが充分に感じられます。


 なんでまた今更取り上げたのかといいますと、発売当時はよく分からなかったんですが、今改めて飲んだら、美味かった。ようやく分かりました。
 それまでのビールと比べると、ガツッと来ない感じではあるんですよね。正直、はじめて飲んだ時はあまりインパクトを感じなかったんです。今飲んだら、この秘めたる美味さというか(なんだそりゃ)、そんなものを感じた次第。

 まーコンセプトは飲み商い・・・じゃなくて(←漢字の変換おかしいだろ)飲み飽きないということだそうで、なるほど何杯もいけるように開発してるんですね。

 ・・・と言いつつビールは高いので2杯目以降発泡酒に移行してる私は何?(爆)
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-02-04 03:44 | vs新商品

vs Sparkling Hopな場合

f0053545_2554892.jpg はい、唐突にやってまいります不定期企画、話題の新商品のお時間がやってまいりました。

 今回は、私も正直店頭で見かけるまで存在を知らなかったKIRINの新ジャンル系新商品Sparkling Hopです。


 新ジャンル系と変な呼称を使いましたが、要はビール・発泡酒に続くそれでして、この商品も分類はリキュール(発泡性)①(以下①)です。ビールや発泡酒に比べて妙に悪酔いするので私が目の敵にしてるヤツです(笑)。
 先日の記事中で「①はもう飲まない」くらいの発言をしていたのですが、今回取り上げるSparkling Hopに思わず手が伸びてしまったのには理由があります。

 この新ジャンルというカテゴリは、いわばビールのシミュレートがテーマに思います。各社から発売されている①も「どこまでビールっぽい味にできるか?」という方向性で商品開発がされてきた感があります。
 ところがこのSparkling Hopは、そういうビールっぽさからの脱却を全面にアピールしているように感じます。缶に「氷結」で培ったダイヤカットの技術が施され、また、缶に書かれたフレーズは「ホップがこんなにフルーティ」・・・フルーティ。ビールにフルーティですよ。

 これは個人的な見解ですが、①の何が問題かといえば、本人はビールを飲んでいるつもりなのに実際は騙し騙し作ったリキュールの偽物のため、飲んでもしっくりこない・・・という点だと思います。酒飲んでるのに何かひっかかる・・・って何?という(笑)。

 しかしこのSparkling Hopの風味は、このビールと①の埋められない溝を巧く利用しているように思います。ビールを求めて飲んでがっかりするんだったら、最初からフルーティな特殊なビールだと謳ってしまえホトトギスという感じです。ビールだと背伸びすることをやめた、みたいな開き直りというか(笑)。
 ・・・というのが私の個人的見解だったのですが、KIRINのHPによれば、決してそういう簡単な開き直り的商品ではない模様。KIRINの関係者の方、勝手な見解すいませんでした(苦笑)。

 それはともかく実際飲んでみまして、割といけるな~と思いました。ビールを求めず飲むというこの気構えだけで①も随分印象が変わるものです。

 ただ、悪酔いすることには変わりないんですけど(爆)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-10-17 03:32 | vs新商品

vs 金麦 な場合

 いきなりやってまいりました「vs 話題の新商品」のお時間です。

f0053545_0455025.jpg 今回は、SUNTORYより金麦です。

「あんたKIRIN派じゃなかったのか?」という突っ込みも、
「そもそも金麦って、話題になってるか?」という突っ込みも、却下です。


 ただ、CMの檀れい(誰かと思ってたんですが、元宝塚のヒトだそうな)の、
「金麦と待ってる~」が、

 「金麦止まってる~」

に聞こえて、「はい?」と思っただけです。

 タイトルもどうせなら「金麦止まってる場合」にしたかったです。


 はい。
 巷では「第四のビール」と呼ばれる(「リキュール(発泡性)(1)」に分類されるもの。詳しくは調べてください:爆)群の中のひとつです。昨今、大手四社から「第四のビール」が出揃ったということですが、これも詳しいことは長くなるので省略。手抜きになってきたな(笑)。


 個人的には、いわゆる「第三のビール」群に比べたら、こっちのほうが好きなんですよね。
 第三のほうは、飲んでてイライラしてくるくらい物足りないのな。「かーっ、これなら少しくらいケチらんとー普通のビール買っとったらよかったっちゃね」みたいなですね。飲んでストレスためてどうすんねんみたいなですね(笑)。

 ただ、冷静に味わってみると「ビールに似せた何か」なんですよね。ギターアンプとアンプシュミレーターみたいなもんですね。ビールシュミレーターですね(なんのこっちゃ)。

 個人的には、ありかなと思います。

 こういうのばっかし飲んでると、普通のビールが濃くて飲めなくなります(苦笑)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-07-21 01:04 | vs新商品

vs MEGAてりやき な場合

 はい、二日連続でやってまいります「vs 話題の新商品」のお時間です。

f0053545_2256136.jpg 今回は、若干乗り遅れた感がありますが、McDonald'sからMEGAMACに続くメガブラザーズ第二弾、MEGAてりやきです。

 パティ(=ハンバーグね)が4枚という無謀な商品、MEGAMAC
 これは元々海外で商品化されていたもので、日本に上陸するやいなや品薄状態の大ヒット商品となってしまったのでした。
 で、マックが味をしめたのか、マックユーザー(しつこいがパソコンではない)の熱望に答えた形なのかは分かりませんが、続編として今月発売されたのが、そのてりやきバージョンなわけです。

 MEGAMACは海外発ですが、このMEGAてりやきは、どうやら日本発のようです。
 そもそも、照り焼きという調理法のみならず、テリヤキバーガー自体が日本発らしいですね。
 ※ちなみにテリヤキバーガーを開発したのはモスバーガーだそうです


 はい、前置きはそのくらいにして、早速戦うことにしましょう。

 前作MEGAMACのときは整理券までもらう始末だったので、今回はお昼時の前にマクドナルドへ行きました。
 そしたら、誰もいませんでした。余裕でした。
 そういえば、MEGAてりやきに関しては品薄になっているという話も聞いてないので、こんなに焦っているのは日本でも私くらいのものだったのかもしれません。(笑)

 バリューセット¥630。
 (余談ですが、バリューセットにいまいちバリューを感じないのは私だけでしょうか

 勿論、お飲み物はコーラです。
 ミニッツ・メイドとか頼んでるようでは、いけません。
 ハンバーガーには、コーラです。

 しかも、なるべく即答で、レジのお姉ちゃんの「お飲み物は何になさいますか?」に食い気味で頼むとモアベターです。
 体に悪いとか、カロリーが気になるとか、そういう考えはむしろ邪念です(笑)。
 マクドナルドに来ているんですから(ましてや今回の相手はMEGAてりやきなのですから)そのくらいの覚悟が欲しいものだと、個人的には思います。


 ただ、MEGAてりやきに、フライドポテトに、コーラ。

 今回買ってきたものをあらためて並べてみると、
こんなの食ってたら、
 死にますね。
(爆)


 はい、食わなければ話になりませんので、喰います。

f0053545_22463551.jpg
 まずもって気になったのは、ハコに入っていたMEGAMACに対し、MEGAてりやきは包みです。 これはちょっと残念です。安っぽいぞ。

 そして、最大の懸念である「ただでさえベトベトなてりやきバーガーが、形を保てないMEGA形状になったら収拾が付かないのではないか」という点。
 大体、包みがすでにベトベトしかかっているではないか!(笑)大丈夫か?

 しかし、開けてみると、パティが2枚であることと、厚紙みたいなもので囲いがあることでそれなりに対策がなされている模様でした。思ったほどではなかったです。

 「思ったほどでもない」だけであって、まあベトベトなので、まず第一手をどこから打とうか迷うわけですよ(笑)。いや、ほんと。

 さんざん悩んだ挙句、真正面から行きました。

f0053545_224654100.jpg
 従来のマックにないこのヴォリューム感は、MEGAMAC同様いい感じです。

 ただ、やっぱりバラバラになってきます(笑)。

 うん、しょうがない。
 「キン肉マン」のマッスルドッキングくらい無茶ですから。
f0053545_23132541.jpg
 「こんなことが、物理的に可能なのか?」みたいな。
 不可能だと思うぞ、モンゴルマン。

 それにしても、てりやきをがっつり喰ったら、
気持ち悪くなった。


 判定:MEGAMACのほうがいい
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-17 23:14 | vs新商品

vs PEPSI ICE CUCUMBERな場合

 はい、(いろんな意味で)話題の新商品に果敢にチャレンジする
「vs 話題の新商品」の時間がやってまいりました。

f0053545_1475827.jpg 今回は、PEPSIから限定のコーラ、ICE CUCUMBERです。

 過去「コーラに別テイストをミックスさせる」という手法は、それほど多くはないですが見られます。定番のレモンは別格としても、有名なものではチェリーコーク。マニアックなところではバナナコーラといったところでしょうか。いずれにしても、それで完成された感のあるコーラに手を加えるというのは、荒業な雰囲気が感じられます。

 ただでさえ荒業なのに、今回のコーラはまさかのまさか、キューカンバー。キュウリです。

 そもそも、キュウリ味の飲料という時点で発想が群を抜いていると思うのです。
 例えばライバル会社コカ・コーラの定番ファンタ。さすがにキュウリ味はありません。
 ていうか、そもそもキュウリって野菜だし。(笑)

 しかし、さらにこれをコーラにミックスさせたら「爽やかな味わい」(PEPSIのHPより)になったというのですから、かなり独創的。

 二重に独創的なので、何か虚を突かれた感すらあります。(笑)


 早速手に入れようとコンビニに行ったんですが、置いてませんでした。コンビニはしごして手に入れました。
 余談ですが、これを手に街を闊歩するのは結構恥ずかしいです。(爆)

 まず惹かれるのは、その鮮やかすぎる色合い
「インパクトのあるエメラルドグリーンの液色が、清涼感を演出します」(PEPSIのHPより)

 無農薬野菜が評価されて久しいこのご時世、演出されるのはむしろ
 着色料への不安
ではなかろうか。(汗)

 やっぱり見ますよ、原材料。
f0053545_14161.jpg

 すごい。説明するまでもない感じ(笑)。そこまでやるとは思わなかった。

 飲む前に若干引きました・・・。


 はい、飲まなければ話にならないので、飲みますよ。

 特筆すべきはその香り

 青臭っっ!!
 
 キューカンバァー!

 て感じです。(意味不明)

 あ、なんか、キュウリというか、ヘチマとかそんな感じ。(爆笑)

 香りは強烈ですが、飲んでみると割と普通にペプシです。若干キューカンバーしているので、爽やかではあります。

 しかし、約250ミリリットル摂取時点で若干気持ち悪くなりました。

 やっぱり、香りが不自然すぎます。


 判定:限定で充分
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-06-16 01:50 | vs新商品

vs MEGAMAC な場合

 世間ではすでに熱が冷めてきた感のある話題ですが、メガマックです。


 実際私が喰らったのも数日前であります。

 Mobile Oneのライブ前の腹ごしらえは、たいがいマックです。ライブ前はそんなにがっつり腹に入れたくないので、そういう意味では手軽でちょうどよい、と。
 その他、たまに行きます。

 まあ月に1~2回といったところでしょうか。


 それなりなマックユーザー(ていうとマッキントッシュになってしまうが(笑))なので、メガマックなんてものが登場したら、そりゃあ興味を持ちますやん。

 買いに行っても売り切れということが何回かあって。店員さんから、おわびの「メガマック単品190円クーポン」などもしっかりもらいつつ、喰う機会を待ちました。

 そして。時はきた。(故橋本真也ばりに)
f0053545_0282436.jpg
 パッと見、意外にも箱が小さいように感じます。ビッグ・マックとそれほど変わらないんじゃないかと。

f0053545_0293893.jpg
 こういう角度で写すと、特に何の変哲もないハンバーガーに見えますが・・・早速喰らう。

 喰らいついて気づいた。でかい(笑)。

 物理的に、ハンバーガー四枚とパン三枚とその他を一口で喰うことが間違いです。そして、同じく物理的に、崩れます(笑)。ビッグマックだって崩れるんだから、この結末は当然なのです。
 しかし、必死に喰らいつく。

 なんというか、バーガーというよりは、単に肉喰ってる気分に近い。なんというか、自分がライオンか何かになった気分です(笑)。
 まあこれまでマックのハンバーガーで腹が満たされた記憶はないんですが、はじめて「喰った~」みたいな気分になりました。


 まあまあ、ありだと思います。でも、セットで頼むとちょっと高いですよね。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-02-01 00:38 | vs新商品

vs Asahi Prime Time な場合

f0053545_19393795.jpg 山崎まさよしがバンバンCMしてる、アサヒの新商品です。

 商品のサイトではライブ映像も見られます。というか、こんなライブやったんですね。見たかった。

 普段ビールはキリンでして、アサヒはあんまり好きじゃないんです。しかし、これはちょっといいですよ。まあ例えるならばそれほど濃くないギネスというか、そんな感じなんですけども、この細かい泡の感じがですね、美味いですよ。

 しかしそういうのに限って、最寄のスーパーに売ってねえでやんの。ビールは結局定番が売れるので、こういう新商品ってすぐなくなっちゃうんですな・・・。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-07-28 19:52 | vs新商品

vs のどごし生 な場合

 KIRIN「のどごし生」を飲んでおります。

 いわゆるひとつの「第三のビール」というやつですが・・・、うむ、やっぱり物足りないぞな。

 しかし、今「普通のビール」を飲むと妙に重さを感じてしまうのであります。発泡酒で馴らしてしまったが為に、あれじゃないと落ち着かない感じなのです。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-03-27 01:43 | vs新商品