ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

カテゴリ:ジャンボ鶴田園( 2 )

 鶴田の魅力。

 鶴田の魅力といったら、まずその「デカさ」にあります。

 ジャンボいうくらいだから当然デカいんですが、どれだけデカいかというと、196cmあります。

 身長といえば、鶴田の師匠ジャイアント馬場。209cmは有名です。私が中学の頃全日本プロレスを見に行ったとき、生前の馬場さんがグッズ売り場の奥に控えていたんですが、ホントに、ホントにデカかったです。馬場さんには失礼ですが、まるで、動物園でゾウやキリンを見るような勢いでした(笑)。

 参考までに他の日本人トップレスラーの身長を挙げると、
★全日勢
 天龍源一郎・・・189cm
 三沢光晴・・・185cm
 川田利明・・・183cm
 小橋建太・・・186cm
 田上明・・・192cm
 秋山準・・・188cm
★新日勢
 アントニオ猪木・・・188cm
 坂口征二・・・196cm
 長州力・・・184cm
 藤波辰彌・・・183cm
 武藤敬司・・・188cm
 蝶野正洋・・・186cm
 橋本真也・・・183cm

 日本人選手は総じて小型です。190cm級は田上明、そして坂口征二(俳優の坂口憲二の父ちゃんね)。そうか、鶴田は坂口さんと同じデカさなんですねぇ。
 意外にも川田と橋本が同じ大きさです(笑)。公式発表のものなので、実際はサバ読んでいることが十分考えられますが・・・。

 現在のマット界での日本人大型選手といったら、やっぱり高山善廣・・・196cmですね。これもジャンボと同じ大きさ。意外にも、大型と思っていた森嶋猛・・・190cmとそれほどでもないのであります。

 日本のプロレスには「小さな日本人が大きな外国人をなぎ倒す」という構図があって、力道山がまさにそうだったわけです。猪木もその構図通り、柔よく剛を制す戦いをしていました。しかし、実際にはよほどの上手さがないとその構図通りにはいかないものです。
 一方の馬場は、外国人にひけをとらないどころか、もっとデカい。外国人とも体格で十分に渡り合える。全日には、外国人だけでなく、馬場と闘える日本人選手が必要だったわけです。それがジャンボだった、と。

 80年~90年にかけての全日本マット上の外国人というと、スタン・ハンセン・・・195cm、ブルーザー・ブロディ・・・198cm、テリー・ゴーディ・・・195cm、スティーブ・ウィリアムス・・・188cm。やっぱりデカイんですね。これらの選手に見劣りしないのは、ジャンボくらいのものでした。


 まずはこのデカさが、鶴田の技の破壊力の土台です。

 必殺のバックドロップ。現在ではよく見られる高角度のバックドロップですが、鶴田の場合、そのデカさによって、特に角度をつけるまでもなくものすごい角度で落とせるわけです。

 当時若林アナが「世界一のハンマー」と呼んでいたダブルハンマーも、手のデカい鶴田が使うと「バチーン!」とそれはもう物凄い音が・・・(笑)。

 そのバネの凄さも手伝って強烈になるのは、若手時代から使っているドロップキック。ドロップキックというものはあまり図体がデカい選手ではないんですが(といいつつ師匠の馬場譲りなんでしょうか)、これがもの凄く高い!あのデカさであそこまで美しいドロップキックが出せるのは鶴田くらいでしょう。

 ジャンピングニーはデカい選手が使うと非常に効果的ですが、これはもう鶴田の十八番でしたね。これが入って「オー!」が後期鶴田の流れでした。


 ただ、ジャンボラリアットは如何なものか(苦笑)。ラリアットはあんまり上手くないんですよね。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-11-20 23:59 | ジャンボ鶴田園
 「最も好きなギタリスト」といわれると数人挙げてしまうのですが、

 「最も好きなプロレスラー」といわれたら、絶対にジャンボ

f0053545_3513745.gif 恐らくこれは、自分の中で今後も揺るがないと思います。

 特に何のタイミングがあるわけでもないんですが、思い立ったので、ジャンボ鶴田についてシリーズで偲びつつ語っていき、かつ研究・研鑽までしようという企画であります。思いつきでやります。



 プロレスファンには、必ずひいきのレスラーがいるものです。

 絶対数で多いのは、なんといっても「猪木信者」なる言葉まである、アントニオ猪木でしょう。

 世代的にはかなり古いレスラーなんですが、いつまでも第一線に口出ししてくるものだからその影響力は絶大です。
 猪木の創設した新日本プロレス(以後新日)出身のレスラーがことごとく闘魂、闘魂いうもんだから、どうしても猪木にたどり着いてしまうわけですね。直系の長州藤波は勿論、闘魂三銃士(蝶野・武藤・橋本)、健介といった現在の大御所がそうです。

 団体の性格は猪木の正確が如実に現れており(笑)、派手で前衛的です。


 一方で、猪木と対を成す存在が、ご存知ジャンアント馬場

 馬場が創設し、20世紀に新日と対を成していたのが、全日本プロレス(以後全日)です。
 猪木と馬場は力道山直系の弟子であり、同世代のレスラーです。なのに、馬場さんのファンは私の周りにはほとんどいません。いや、一人もいなかったな・・・(苦笑)。
 私が知っているのは、既に一線から退きファミリー路線でファイトをこなす馬場さんでした。全日の象徴的存在。「明るく楽しく激しいプロレス」の「明るく楽しく」の部分を請け負い、「激しい」部分は次の世代に譲っていました。
 今では、故人となってしまったこともあり、引退してなお話題をふりまく猪木に対しては、過去の人間になってしまった感は否めないです。

 ともあれ、そんな馬場さんの性格通り、全日の性格は地味で保守的です。

 猪木・新日の「闘魂」「ストロングスタイル」というキャッチフレーズに対し、
 馬場・全日は「王道」「明るく楽しく激しいプロレス」。なんとなく、のほほんとしてますね~。

 異種格闘技や団体対抗戦で、とにかく新しい話題を振りまくのが新日。
 一方で、あくまでクラシックなプロレスに徹する全日。

 なんとなく、新日のほうが派手で食いつきやすい感じなんですね(笑)。


 という、新日と全日という20世紀プロレスの構図を説明するうえで、鶴田について語ると。

 鶴田は全日、ジャイアント馬場の愛弟子です。馬場に次ぐ大型日本人として大きな期待をかけられたが故の「ジャンボ」であります。

 ところで、鶴田のライバルもしくは同世代の選手というと、「格闘頂点」なる比喩があるんですが、これは「鶴藤長天」すなわち鶴田・藤波・長州・天龍を指します。

 どーもこの四人の中で、鶴田人気が冴えない気がするんですねぇ・・・(苦笑)。

 勿論、この四人の中では鶴田だけが故人であり、他の三人は現役、長州や天龍に至っては第一線で闘っている有様ですからしょうがないといえばしょうがないんですけど・・・。しかし、鶴田が現役の頃から、どうも人気が冴えない気はしてました(笑)。


 まあいろんな理由が考えられるんですが、まずは、せっかく解説してきたので、環境的なことから考察しましょう。

 単純に、最も話題性に欠けていたのが鶴田だから、でしょうかね。

 まず長州は「革命戦士」といわれる通り、新日を飛び出してジャパンプロレスを設立、大暴れします。全日に殴りこんで、話題性充分。

 天龍も同様に、全日を飛び出してSWSWARといった新団体を作って独立していくわけです。

 藤波はというと、馬場・鶴田の師弟関係とほぼ同じ境遇ともいえる猪木・藤波のあいだで、飛龍革命を起こす。藤波は、猪木越えをするわけです。

 ところが、鶴田は馬場に勝てないまま、エースの座を譲られてしまいます。「善戦マン」などと揶揄され、何かしでかすわけでもないまま、ぬるっとエースになってしまった鶴田。
 しかも、なんとなくぬるいように見える戦いをしているところで、同世代の長州や天龍にたきつけられてようやく実力を垣間見せる感じ(笑)。

 ぶっちゃけ、なんかパッとしない。


 しかし、長州の言葉を借りれば「鶴田は、奥が深い」のです。
 ぬるいように見えるファイトの中に、実はプロレスの深さが秘められているのであります。

 というわけで、次回から、鶴田の奥の深さを語っていきましょう。


 ていうか、いや~、長くなるなこれ・・・。誰が読むんだ?(爆)
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-11-19 03:43 | ジャンボ鶴田園