ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

ギターを弾くときの力について考える場合

 「久し振りに」とタイピングしようとしたら、「必死ぶりに」とか「笹渋りに」とかタイピングしてしまった場合。
 笹渋りってなんだよ。ジャイアントパンダが困るだろそれ。


 ということで、久し振りにギターの弾き方がテーマです。


 長年ギターを弾いてますが、ギターを弾くときにどのくらいの力で弾くのがよいのか?ということは重要だと思います。ギターを弾くとき、早い段階でこの問題について意識を持っているかどうかは、上達に大きく影響するのではないか、と今になって思うのです。

 というのは、私自身今までこの力加減にほとんど意識がなかった故、悪い癖がついてしまってなかなか理想的な力加減に修正できないという現状があるからですね。十数年の癖を直すのは容易ではありません。

 まあエレキギター特にロックギターの奏法に、正しい弾き方だとか正解みたいなことを言うもんじゃないでしょう。故に、ここに書くことは私の経験上で良いと思った弾き方だということをお断りして、本論に入ろうと思います。


 ひとくちにギターを弾くときの力と言っても、右手と左手がありますよね。
 右利きの方なら右手はピッキング、左手は押弦。

 いきなり結論から言いますが、
「ピッキングも押弦も、力を入れれば入れるほどよいというものではなく、適切な力加減がある」
ということです。


 「ロックギターを弾く」という行為が、「楽器を演奏して音を奏でる」という行為とかけ離れてしまう場合がまま見受けられるような気がします。
 根本的には、おそらくギターを弾くきっかけが「音を奏でる」ことじゃないことに起因しているんじゃないかと思います(笑)。
 で、ギターの練習も、「いい音を奏でる」為の練習ではなく、何故か体育会系みたいなノリになり、根性論頼みの拷問じみた練習法になってしまう、という凄まじい展開になってしまうという。

 いや、本当、現実的にそんな感じだったりするんですって。(笑)

 軽音楽部と吹奏楽部の部員で、楽器を持つきっかけと気持ちがだいぶ違うんじゃないかみたいな(たまに体育会系な吹奏楽部もあるのでぜんぜん一概には言えないですが:苦笑)。


 だいぶ話が脱線しました。まあ私もそんな感じでギターを始めたわけです。

 で、今思い返すと、私がギター弾き始めた頃と言えば、ピッキングは弱く押弦は力みっぱなしという感じでした。
 弾こうとしていた曲がハードロック(しかも超絶技巧モノ)だったものですから、まあ技術的に難しいことをやろうとしてたんですね。で、気持ちは「速く弾きたいから」ですから、ピッキングはとにかく速く!ということでチョコチョコと小さくこねくり回す感じですし、押弦は根性でついていくみたいな感じですから力が入ってガチガチです。

 その後、軽音部の先輩に、ピッキングが弱いことを指摘されます。
 今度は、全力でピッキングするわけです。単純です(笑)。
 少なくとも「楽器を弾こう」と思っているなら、そういうことにはならないんじゃないかと、今思うわけです(苦笑)。

 結果、押弦もピッキングも力いっぱいな感じで、全力なバランスが取れちゃった感じになってたんです。


 この状態、音はよく鳴りますでしょうし、それはそれで個性のある音にはなるので、まあそれでいいんならいいんです。
 しかし、この状態だと、壁にぶつかります。

 強すぎる押弦で、音がシャープしちゃったり、やはり手が疲れちゃって一曲持たなかったり、他人に比べてフレットの減りがやたら早かったり。
 強すぎる(力みすぎな)ピッキングで、弦が切れたり、速いピッキングができなかったり、力の入れすぎで手が疲れちゃって一曲持たなかったり。


 では、理想的な状態とはどんなでしょう。

 押弦については、適度な力があります。
1.ピッキングしたとき、音がビビらない程度に弦がフレットに接触していること。
2.押さえすぎて音程がシャープしないこと。
 このふたつの間であれば問題ないことになりますが、ギリギリ1を満たす程度が最も理想的だと思うんです。フレットギリギリを押さえるという基本も踏まえていれば、押弦の力は実際かなり軽い力で充分です。

 あと、これはギターの状態や調整も大きく関わってきますよね。弦の太さ、弦高、ネックの長さ・状態、ギターの形状による弦のテンション、フレットの太さ・高さ等々。やっぱり、ちゃんと調整された状態で練習すべきですよね(とはいえ、ちゃんとした調整ってのはなかなか難しいんですけど…)。

 次にピッキングについて。
 勿論、上限は、弦が切れない程度。
 で、切れない程度なら強ければいい・・・ってもんじゃないでしょうね。力任せにはじいた弦が、果たして自分が求める音を出す振動をするのか?と。
 弦のはじかれ方によって千差万別の音が出るわけで、自分が求める音が出るようにはじかなければいけないということですね。

 で、強弱のダイナミクスがつけられることがポイントですから、強く弾けなければいけないんですが、筋力任せで強い音を出すというよりは、手全体(ひじ、手首、指)のスナップによる遠心力的な力で強い音を出すほうが理想的なんじゃないかと(っていうかそれはギター雑誌等でよく説明されてますけど)。


 ピッキングも押弦も、それほど力を込めるもんじゃないんじゃないか、と思うんです。

 ただ、だからといってエレキギターを弾くのに力が要らないのかというと、それは違うと思うんです。エレキギターには、チョーキング・ハンマリング・プリング・トリルという技術があるからです。この辺りのテクニックは、指の筋力ができるだけあったほうが有利だと思います。

 筋力があったほうがいいんですけど、普段の押弦はできるだけ軽く…という辺りがなかなか微妙です。

 あ、あと、ピッキングを強くすると同時に、つい押弦も力んでしまうとか。左右別々な力加減で弾けるかどうかみたいな部分もなかなか微妙です。(私はつい力んでしまいますが)


 この辺のコツを早いうちに掴めていれば、上達がかなり早いんじゃないかと思うんです。ピッキングと押弦って、最も基礎にして重要ですし・・・というか、それがギターを鳴らす行為そのものじゃんていう(笑)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-11-05 04:20 | 徒然山