ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

訳あってテクノ・クラブを聴く場合その2

 今度は、アンダーワールドとプロディジーとゆらゆら帝国を聴いてます。

 ひとつ違うのが混じってるとお思いでしょうが、ゆらゆら帝国のREMIXです。今夏発売された「REMIX 2005-2008」というアルバムです。

 過去、ブルーハーツのリミックスアルバムでひどい目に合った(というか、当時はひどい目に合ったと思った)経験があります。てっきりニューアルバムだと思って買ってみたら、なんかとてもブルーハーツとは思えないものが流れてきて。
 今になって見てみると、密かに佐久間正英さん(グレイのプロデューサーとして有名ですがブルーハーツの数枚のアルバムも手がけている)とか小西康陽さん(いわずと知れたピチカートファイブのマニアックな感じの人)とか會田茂一さん(エルマロのギター…というよりは木村カエラのプロデュースのほうが分かりやすい)とか豪華メンバーが関わってるそれはそれですごいアルバムなんですけど(笑)。
 中学生の私は、それでもそのアルバムを、何故か頑張って聴きました。あの頃の音楽へのハングリーさって半端じゃなかった気がします(遠い目)。

 それはともかく、大人になった今、おそらくこのリミックスアルバムというやつは、つまりそういうものなんだろうという予想が立てられたわけです。ゆらゆら帝国だから即買いなどという子供じみた行動はしません(なんのこっちゃ)。
 視聴したんですけど、もろテクノ・クラブに通じるサウンドだったわけですよ。買いませんでしたよ。

 しかし、機会があって今再びこうして聴いております。


 使われているパーツが坂本さんの声だっていうだけで、それだけで興味は違ってきますね。ブルーハーツのときもそうだったんでしょうけど、ヒロトの声やマーシーのギターやコーラスがパーツとして使われてたから、いかにテクノだろうと親しみが持てるんでしょう。

 てな感じで勢いづけてアンダーワールドなんか聴いてますけど、ふと思い出したんですが「Born Slippy Nuxx」はいいですね。映画「トレイン・スポッティング」で使われてた曲で、アンダーワールドの認知に多いに貢献した曲なんだそうですけど、これを聴くと映像がフラッシュバックしてきますもんね。「トレイン…」はファッショナブルかつほとんど意味のない映画(笑)だった記憶がありますが、雰囲気が好きで、そこで印象的に使われていた楽曲ですから思い入れが違いますね。


 私にとってこういったジャンルの音楽は、ブログを書くような作業中にBGMで流しているぶんには、非常に効率がよくてはかどりますね。
 下手にブルースとかロックとか流すと、ギターを手に取らずに入られなくなってしまうので(笑)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-10-31 02:16 | 徒然山