ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

徹底試奏!!OD~DS歪みペダル'08

 今日は、御茶ノ水に行ってきました。


 一度点いた火を、消さなければいけません。

 それは、歪みペダル物欲の火。(笑)
 アンプ無いままでギターを弾き続ける限り、その物欲は「消えないロウソク」のような気はしますが・・・。まー、火が点いたら消さないと(爆)。

 今回の記事のタイトルを
「19万は持っていけない御茶ノ水な場合」
にしようと思ったんですが、試奏したエフェクト群を思い返してみたところ、そのあまりの試奏数にもはやオーバードライブの特集になってしまった次第・・・暇ですね・・・(爆)。
 そもそも、本当に迷惑な客だったろうに。
 御茶ノ水の楽器店の皆様、すいませんでした。(苦笑)


f0053545_2281046.jpg さて今回のミッションの目的は、これまでメインの歪みとして使用してきたVox Big Ben Overdriveに変わる歪みペダルの購入。
 このブログによると、昨年11月25日に購入したことになってます。一年もってないですね・・・。
 Big Benは真空管による独特な歪み具合が心地よいペダルですが、スイッチングにおける音切れと、ノイズが目立ちました。あと、でかい(笑)。後々きちんとレビューを書きたいところですが。
 加えて、個人的にもうちょっとゲインが欲しいと思った為、「オーバードライブ(OD)以上ディストーション(DS)未満」的な歪み具合のペダルを探しました。

f0053545_22354613.jpg 使用ギターは自前でFender Stratocaster '66年型。私のメインギターです。カスタムショップ製ですが、まぁ特に普通のストラトだと思います。
(ていうか、こんな写真しかなかったっす・・・すいませんね:苦笑)

 使用アンプは全てRoland JC-120、イコライザーは12時。
 以前は客に試奏アンプを選ばせることがほとんどだったと思うんですが、今日はどの楽器店もなぜかはじめからJC120で試奏することになってました。これは流行りなんでしょうか?


 それでは、弾いた順に片っ端から印象を書いていきましょうか。
※最初に断っておきますが、この記事はあくまでいちアマチュアの個人的感想に過ぎませんので、もし興味を持たれたペダルがあったとしても、自分で試奏して、自分の耳で確かめることを強くお勧めいたします


#1.CARL MARTIN / HOT DRIVE'N BOOST mk3

f0053545_23131011.jpg 歪み+ブーストの2chタイプの先駆的なペダルでしょうか。勝手なイメージでは歴史ある古豪ペダル(笑)。mk3まで出てたんですねぇ、知りませんでした。
 歪みは割と軽めで、弾いてて心地よいです。で、ブーストをかけると、しっかりレベルが上がります。こういう2chのペダルで、ブースト踏んだのにあんまりブーストしない「裏切り者ペダル」がたまにあるんですが、これは音量が確実に上がるので信頼できそうです。
 この音の軽さが気に入れば使えると思うんですが、ズンズン重い音作りはできなさそうです。


#2.Fulltone / OBSESSIVE COMPULSIVE DRIVE

f0053545_23253082.jpg OCD。本企画の、真打ちとでもいいましょうか(笑)「オーバードライブ探してるんですけど~」と言えば、ほとんどの店がこれを薦めてきました。ま~ネット上でも評判がよく、今回も購入の筆頭だったペダルです。個人的にも、Fulltoneには信頼を置いちゃってますので・・・。
 いいですね。なんというか、歪み方がツボ突いてますね。ゲインを上げていけば結構歪みますし。
 ただ、若干ハイに(Full-DriveⅡもそうなんですが)クセがあるのと、ゲインを上げていったときのトーンの効き具合がイマイチかなとは思いました。まあゲインはそんなに上げないで使うのが吉なんだろうなと思います。
 ともあれ、いいです。


#3.Blackster / HT-DRIVE OD-1

f0053545_23343043.jpg Blackster。英国産だそうです。最近、楽器屋さんによく君臨しているのを見かけます。
 とにかく、ルックスが素晴らしいです。気になってしょうがないのです。デカイし、重いし、真空管が中央でアピールしてますし、グッドデザイン賞はコレで(笑)。
 で、弾いてガッカリするのね・・・(爆)。ものすごく上品で繊細な音です。「シュオー」て表現できる歪みは少ないとは思いますけど、なんかバンドの中で抜けてこないんじゃないかっていう感じなんですよね・・・。ちょっと残念です。


#4.T Rex / alberta

f0053545_23442212.jpg T Rexは雑誌の広告で気になってました。同社の製品をサンタナが使ってるみたいな触れ込みだったと思います。ホントに使ってんのか知りませんけど。昨今の気が狂ったブティック価格の相場の中ではいい値段ですしね(っていや、十分高いですけど:苦笑)。
 なんというか、丁寧に作ってある感じでかなり好印象でした。各ツマミの効きがしっかりしていて、使いやすそうです。荒々しくないけど、軽すぎず。これもいいですねえ。
 因みに、黄色いMudhoneyのほうもちょっと試奏したんですけど、こっちはツマミとスイッチで音色の幅がえらい広くて、えらい分かりにくかったです。


#5.VOX / Satchurator

f0053545_23545786.jpg 最近やたら売り込みの激しい、ジョー・サトリアーニ専用ペダル。赤いですけど、何かが3倍とかではないはず。VOXとサトリアーニ先生でほんっと回路のひとつまで突き詰めて作ったそうで、ワウペダルによるクリップを抑えるパッドスイッチとか、必要以上には音量が上がらないブーストスイッチ(moreと書いてあります)とか、随所に特殊な点が見られます。
 ディストーションですね。「ジャー」って歪みで、BOSSのDS的な感じがしました。こういう音が好きな人にとっては、使えるペダルなんじゃないかと思いますけどね。
 個人的には、あんまし好きじゃなかったです(爆)。わたしゃとてもジョー・サトリアーニじゃないですからねぇ。


#6.Xotic / AC Plus

f0053545_035544.jpg オーバードライブとブースターを合体させたモデルなんだそうな。スイッチが細かいですが、音色をソフトかハードにするか、歪み→ブースターにするかブースター→歪みにするか、ご飯が先かお風呂が先かという「よくできた奥さん」的なペダルです(なんのこっちゃ)。
 正直、使いこなせませんでした(爆)。ふたつのセクションの絡みが、結構複雑です。若干時間をかけて追い込んでいく必要があります。意外と、行動が分かりにくい奥さんでした(爆)。
 で、総じてゲインは低めでした。歪ませたいヒトはおそらくBBというモデルのほうを使うべきなんでしょうね。


#7.Sobbat / DRIVE Breaker 2

f0053545_09594.jpg このシリーズはもはや定番みたいですね。ホント、何処にでも置いてありますし。DB1~3とFuzzの4がありますが、おそらくこの4つでほとんどの用途をカバーしてるのかなと想像します。2はオーバードライブでSRV的サウンドって書いてありましたけど、楽器屋さんは「早い話がリッチー・コッツェンです」だそうです。
 このシリーズ、楽器屋さんが薦めてくることが多いんですが、個人的にどうもこの歪み方が好きじゃないんですよね・・・。
 あと、個人的にルックスが好きじゃない(笑)。このイラストの女が、何が言いたいのかよく分かりません(爆)。


#8.Degitech / CM-2

f0053545_0165235.jpg Degitechの中ではハイエンド機といいつつ値段的にはかなりお手頃だな~と思ったんですが、そもそもDegitech自体がリーズナブルな価格設定なんですね。知りませんでした。
 見た目が何となく「トランスフォーマー」(笑)と思い、ガンダム好きな私としてはルックスに全く惹かれなかった本機なんですが、音のほうは意外にもいい感じでした。
 音色的には妙に冷たい(デジタル臭い?)感じではあるんですけど、ツマミがしっかりと効いて、かつツマミの操作感もクリック式でよいです。派手さとか温かみに欠けますが、実戦で使える音だと思います。あと、本体がずっしりしてて信頼がおけます。コンボイです(しつこい)。


#9.Ibanez / TK999HT TUBE KING

f0053545_0274083.jpg 真空管搭載型が流行ってますが、これも一際目をひきますね。型番的に、名機TS-9の最終形を目指しているのかなと勝手に判断(笑)、かなり期待を寄せてました。
 音の方向は、TS-9とかなり似た感じでした。感触が一緒という。ただ、妙に低域が出ちゃうのと、トーンが効きすぎちゃってるのと、ノイズが多いのとで、今回試奏した他のペダルと比べるとなんとなく安っぽい感じがしてしまったんですよね・・・。
 ていうか、デカイ(笑)。これを斜めに置くわけですから、場所取るな~と・・・。


#10.Maxon / DS830

f0053545_0361359.jpg 意表を突いて、出ました弁当箱(笑)。ネット上で評価が高かったので一度弾いてみたいと思ってました。
 これはディストーションですけど、私オーバードライブのOD-820持ってまして、これがかなりよかったんですよね。歪みと音が軽めなので残念ながらスタメンから外れてしまってますけど、総じていい仕事してるな~という期待がありまして。
 これは何か懐かしい感じの歪みですね(笑)。昔のエフェクターって感じがしました。レンジが狭いというか。ただ、おいしいところ突いてるんですよね。敢えてこれを選ぶとまではいきませんけど、いいペダルだと思います。
 トーンコントロールが、あんまし使えないような周波数に効きますね・・・(笑)。


#11.Maxon / TOD9 True Tube Overdrive

f0053545_043499.jpg もう一個マクソンからは新製品。OD-9に真空管を突っ込んでしまったという状況(笑)。何気に、購入候補としてOCDに次ぐ期待の一品でした。やっぱり、真空管憧れますねぇという。
 悪くないです。
 OD-9の音?で、TUBEという低音があって、これを入れると(おそらく真空管の温かみと言いたいのであろう)空気感と低音が足されます。上げていくと、低域が出過ぎるくらい出ます。各ツマミの調整で音作りもしやすいように感じました。
 ただ、何故かあまり魅力は感じませんでした(笑)。なんでだろう。歪みが足りなかったのかな~。純粋にオーバードライブってことなんでしょうね。
 ところで、Big Ben然りなんですが、真空管搭載のモデルはなんとなくノイズが多いような気がします。あと、エフェクトをONにしたときのスイッチングに違和感を感じます。真空管に対する回路の、構造的な問題なんでしょうか?


#12.KATANASOUND / Kamikaze Supreme

f0053545_0544749.jpg こういう変なルックスのエフェクトが多くなったのはいつ頃からだったでしょうか・・・(笑)。海外市場的にも、漢字の使用はインパクトが大きいんでしょうね、きっと。
 ものっすごく歪みそうですが、実はものっすごくクリーンです。見た目暴走族な人が、接してみたらものすごく律儀で義理を重んじる人だった的な(爆)。なんだろう、マーシャルのクリーンチャンネルのゲインを上げていくような、原音ありきで歪ませる感じです。クランチとはまた違う感じ。こんなに歪まないのも珍しいです。で、音がものすごくクリアーですね。質はかなりよいと感じました。
 ていうか、もうちょっと歪んで欲しかったですが(笑)。


#13.ZVEX / Box of Rock Vexter

f0053545_152095.jpg 鬼才ブランドから、クラシックのマーシャルJTM45をシミュレートしたというペダル。
 ZVEXはツマミの効きの突飛さから、ついおそるおそる触ってしまいます。いや~、こりゃGuv'norよりもMarshallサウンドですね(笑)。実にマーシャルです。ズンズン言わせたくなる。
 何故かZVEXの音って独特の「冷たい感じ」(?)がするんですよね。ハイファイなのかよく分かりませんけど。不思議な音です。あんまし好きじゃないかなと。
 まーマーシャルサウンドは特に求める音ではないので、欲しいヒトは是非って感じでしょうか。


#14.Xotic / BB-Preamp

f0053545_2215181.jpg Xoticのをもうひとつ。ACはブースターですが、BBはオーバードライブ~ディストーションというカテゴリのようです。
 これはすごくよかった。歪みもかなりいい具合です。FulltoneのOCDと並べて弾いたんですが、トーンが効くぶんこちらのほうがいいんじゃないかと思うくらいでした。
 Xoticというブランドは全くノーマークだったんですけど、ここので揃えてもいいんじゃないのかなというくらい評価できるなと思いました。


#15.Keeley Electronics / RAT MOD "Mighty Mouse"

f0053545_11936.jpg 出ました、Keeley。何となく「モディファイに手を出したらキリがないんじゃないか・・・」と恐れていたんですが・・・。
 これは、無茶苦茶ですね(笑)無論「すごい」という意味で。
 3点スイッチが付いてモードが切り替えられるんですが、通常のラットからモディファイのモードに切り替えると、異常に音が抜けます。モードの詳しい説明は省略しますが、とにかく、異常です(笑)。なんすかコレ!?っていう。そして、元々のラットの絶妙なフィルターつまみの感覚で音色を作れます。よって、作れる音色はかなり広いです。
 比較してないので分かりませんが、通常のラットに比べてノイズも格段に減っているとのこと。それだけでも買いだと思うんですが。恐ろしや。



 やっと書き終わった・・・・・・(苦)。
 つーか誰が読むんだこれ(爆)。

 15機種も弾いたのかと思われた、どん引きな方もいらっしゃるかと思います。さすがにひとつのお店で、じゃなくて、色んな楽器屋さんで2つ3つくらいづつ弾いたんですけど(正直それも微妙)。

 で、結局何を購入したのかというと、
 Keeley Electronics / RAT MOD "Mighty Mouse"です。
 ディストーションじゃん。(爆)
 FulltoneのOCD、XoticのBB-Preampは求める音に近くて相当魅かれたんですが、それを打ち消すくらいにモディファイは反則でした・・・。普通のRATも欲しかったことですし、これは買って損はないなと思いました。
 ところで、楽器屋さんはRATのモディファイは廃盤(?)になってるとの話なんですが、ホントかいなと。

 それにしても、今日弾いたペダルはほとんどが「有りだな」と思わせるものばかりでした。そのペダルなりの、使えそうで気持ちいい音を作れるんですよね。仮に「今日はこれでライブやってね」ってひとつだけ手渡されたとしても、全く問題なくいけてしまいそうなレベルだと思います。(どんな状況やねん:笑)

 こんなにたくさん優秀な歪みペダルがあるんですから、ブランドは大変なんでしょうねぇ・・・。現在色んなメーカーが林立していますが、果たしてこれらが淘汰されてゆくんでしょうか、今後が気になるところです。


 はい、以上「徹底試奏!!OD~DS歪みペダル'08」でした。あー疲れた。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-09-09 02:00 | 六弦山