ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

その瞬間に、敗北する場合

 「プシュ!」
 て、それが、敗北の音です。

 それはつまり、缶ビールのプルタブが立ち上がって開いた口が発した、およそ何kHzかの周波数を中心とした、心地よい音のこと。

 駄目だ、飲んじゃいけないんだ・・・。


 いや、別にアル中なわけじゃないんですけどね。(笑)

 体調的には、飲もうが一向に構わないんですよ。ただ、今飲むことは、これ即ち敗北なり。

 いや、風呂あがりはねぇ、この季節はね。

 子供の頃さっぱり分からなかった行動を、している今の自分が疎ましい。


 ところで、なんで敗北って「北」なんでしょうかね。

 この前の「ふっかつのじゅもん」の件と同様、ネットで調べれば絶対同じ疑問を持っているヒトがいるはずだと思って調べたら、案の定。そのまま引用。

「北」は中国語で「背」と発音が同じで、敵に背を向ける、転じて逃げ出すという意味になります。
現代中国語でも、「北」は「負ける」「敗北する」という意味があります。


 なんだそうですよ。

 なに、そうすると、中国では何々北中学校みたいなことになったら縁起悪いから「北」は避けるみたいなことあるんでしょうかね~。あーどーでもいいねー。(爆)

 もう好きなところに逃げ帰ればええやんとは思うんですけどね~、
 敗東、敗南、敗西みたいに。

 敗西って。敗西おじさんてか。酔っ払いか俺は。(爆)

 でも、そうやって口に出して言ってみると、個人的に音的に「はいぼく」って濁音の音が、負けた感がしないでもない気はします。

 なんて書いてる間に、一缶開いちゃったよ・・・。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-06-21 00:05 | 徒然山