ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

じいっと見ている場合

 ふと気づくと

 後ろのドアのすき間から

 わたしを見ているひとがいる

 彼はわたしを じいっと見ている


 ドアのすき間からだから

 誰なのかは分からなかったのだけれど

 何をするでもなく

 彼はわたしを じいっと見ている


 おそらく

 わたしが物心ついたころから

 彼はわたしを じいっと見ている


 それをわたしは

 ときには気にしたり

 ときには気づかなかったり


 あまり 気にすることは

 ないのかもしれないのだけれど

 ただ

 わたしが死ぬときまで

 彼はわたしを じいっと見ている


 ついこの間

 誰なのかが分かったのだけれど

 彼はわたしで じいっと見ている

 今も見ている じいっと見ている
[PR]
by rollin_fujiyama | 2008-06-15 01:07 | 徒然山