ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

プラグインを使う場合

 GWもなんのその(・・・というか普通に休みがないんですけど・・・)、引き続き新作アルバムの作業です。

 一度CDに焼いてみたはいいんですが、ひとつ問題が。
 どうも、音圧がない。

 さすがに数あるメジャー作品のプロ仕事と比べたら敵うべくもないんですが、それ以前に、自分が作った前作のCDと比べても力不足・・・!(苦笑)せめて、過去の自分には負けたくないもんです(笑)。


 マスタリングの時点に課題があるわけです。

 MTRから2ミックスでPCにもってきて、波形編集ソフトでマスタリングにかかっているのですが、ここで単純にコンプをかけたりノーマライズしたり、なんてことをやってみても、いまいちなんですね。かけすぎると不自然になるので、かけすぎないようにと設定を下げた状態で作ったものだから、音圧が今ひとつ、という結果なのでした。

 何か打開策はないものかと、とある本を読んでいたところ、プラグインでマスタリングの音圧上げにいいソフトがありますよ、と。
 「Vintage Warmer」というプラグインなんですが、調べてみると、まあそれなりにいいお値段するんですよね。デモバージョンもありますが、1分おきにノイズがはいるぞみたいなことが書いてあるみたいでした。そんなん使えないやん・・・。
(こういうソフトの諸々の文章が全部英語なので、理解するのにえらい苦労しています(笑))

 と、ネットで調べていたところ、「フリーで音楽を楽しもう!-free synth」というサイトにて、フリーソフトでもいいソフトがありますよ、と。

 「TLs Pocket Limitter」、「TLs Saturated Driver」という二つのプラグイン。
 とりあえずダウンロードしたはいいものの、read meのファイルと、.dllという拡張子のファイルがひとつ・・・。なにせ未知の領域なので、どうやって使えばいいのかが分からず四苦八苦・・・。いろいろフォルダをひっくり返した末、ようやくプラグインの仕方を理解しました(苦笑)。

 この二つのプラグイン、要はコンプ・リミッターなんですけど、見た目がギターのコンパクトのペダルみたいで妙に親近感が沸きます。
 ってそんなことはともかく、すごく使えるのに驚きました。断然音圧稼げます。苦労してコンプかけた過去の音源と比べても全然いいです。せっかく苦労して作ったのに・・・がっかりだよ!

f0053545_3494699.jpg Pocket Limitter【右イメージ】は、つまみたった二つなんですが、出力がしっかりとピークギリギリのいい感じで出てきます。勝手にうまいこと出力してくれます。
 なので、かけ過ぎだよな~っていう位置からつまみを下げていって、いいところで合わせればいとも簡単に音圧を稼げます。なんて楽ちんなのか・・・。


f0053545_3531699.jpg Saturated Driverのほうは、どうやら真空管の歪みをシュミレートしたコンプ・リミッターのようです。線の細い2ミックスも歪ませることでいい感じにワイルドになってくれます。
 これもいいですね。真空管スイッチを入れてわずかに歪ませてヴォリュームを下げる・・・という、なんかギターアンプでもいじっているかのような使い方してみました。


 ・・・と、この段階までくるのにえらい時間がかかってしまったです(苦笑)。やっぱり経験と慣れだな~とつくづく思う次第でした。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-05-02 03:59 | 徒然山