ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

Westonesでgasgasgas!な場合

 昨日(7日)は、一昨日(6日)の深夜練習で精魂尽き果てて、仕事終わってから帰ってきて速攻寝まして。それはもう泥のように寝ました。
 19時くらいに寝たんですが、起きたら朝6時でした(笑)。それはいくらなんでも寝すぎだろ。

 おかげで、最初で最期の練習後、一切ギターに触れずWestones本番(8日)を迎えます。体力だけが充実しまくってます(笑)。


 場所は新宿JAM。はじめてだったんですが、これがまたHPの地図のいんちきなこといんちきなこと・・・。その昔広末涼子が
「渋谷はちょっと苦手 はじめての待ち合わせ」
(『MajiでKoiする5秒前』より)
と唄った
ように、私は新宿はちょっと苦手でありまして、迷ったのか?俺は迷ったのか?と思いながら明治通りを挙動不審に歩いて何とかたどり着きました。

 この日のかくし芸大会は16時スタートで十数バンド出演していたんですが、私がたどり着いた時点で、Westonesの出番は「次の次」という話(笑)。結構ギリギリ。
 というわけで、早速ビールを一杯あおって、準備。下はその様子です。
f0053545_223214.jpg
 (左からThe☆Westhigh けいじさん、ダボさん、やんたさん)この後、各自十二分に酒が入った状態で、全員がアイラインをひいて大変なこととなるのですが・・・(笑)残念ながら写真はとってませんでした。

 そして本番。

 いや~、大学時代も含めて、これだけ無茶なライブははじめてといっていいでしょう(笑)。

 セットリストは、
1.(I can't get no)Satisfaction
2.Jumpin' Jack Flush
3.Brown Suger
というこれまた無茶な選曲。・・・いや、選んだの私ですが、何か?(笑)

 サティスファクションのイントロ辺りで既にけいじさんのギターが音出なくなったり、私も後転でシールド引っ掛けてやっぱり音出なくなったりいろいろありましたが、

ギターソロでビールを一気飲みしたのはさすがにはじめてです。

 全曲、リハで決めた終わり方一切無視でしたし(張本人は自分ですけど(苦笑))!

 でも、それはもう楽しいライブでした。

 見てたヒトはどう思ったか知らないですけど、いや~、やってる我々は楽しかったです。誤解を恐れず言うならば、やってる人間が楽しければそれでいいじゃないかと、そう思います。そもそも、楽器を始めたりバンドを始めたりした動機なんてのは、ほとんどのヒトが、「楽器弾くのが楽しいから」とか「女の子にもてたい」だとか、そういう至極「自分の為」なことであると思います。「人に聴いて喜んでもらいたい」という動機で楽器を持つ聖人のような尊いお方が、果たして何人いるでしょうか・・・?(笑)

 バンドやってるといろいろ悩むんです。でも、こういう原点を忘れてはいかんなぁなんて思いました次第です。

※なんてきれいに締めてますけど、実際演奏はひどかったです。(爆笑)

 ともあれThe☆Westhighの皆々様、お疲れ様でした~。そしてありがとうございました!
[PR]
by rollin_fujiyama | 2007-01-09 02:23 | 徒然山