ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

JCM2000で一発な場合

 1日に続き、再びスタジオでギターの録音をしてきました。

 今日は赤羽まで行ってきました。というのも、マーシャルのアンプがないと仕事にならないことは前回で分かったからでございます。

 入ったスタジオにはJCM2000が常備。実際、2000嫌いなんです。クリーンがいい音しない気がして、普段はJCM900、あればJCM800を使っているのです。
 しかし、アンプで歪ませるのなら話は別です。今回録音しようとしている音のイメージはがっつり歪ませる感じなので、むしろ2000のほうがいいのではないかと判断しました。

 やっぱりマーシャルアンプだとセッティングが早いです。ものの15分で録音準備完了。

 しかし、フレーズもろくに決めずにスタジオ入ってるもんだから全然録音できず・・・。結局フィードバックな感じのトラックと、スライドのトラックしか録れませんでした。

 家に帰ってからも続行。しかも、吟味した結果、さっきスタジオで録ったテイクは一部没に・・・(苦笑)。

 まあとりあえず、ようやく楽曲の全体像が見えてきました。全体を通して聴いてみると、ちょっとパンチが足りないので、もうちょっとインパクトのあるフレーズを足せば完成します。なんとか10日までに間に合いそうです。
 応募したら、HPのほうにUPしようと思いますのでご期待あれ・・・いや、あんまり期待せんといて(笑)。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-08-06 01:37 | 徒然山