ロック音楽とギターよもやまを語る山


by rollin_fujiyama

『魁!! クロマティ高校 the★MOVIE』を見る場合

 「クロ高」とは原作は少年マガジンの漫画「魁!!クロマティ高校」ですが、その実写版の劇場版DVDでございます。

 レンタルビデオ屋で、私のふいをついて置いてありました。そういえば昨年かなり話題になっていたのに、すっかり忘れてました。

f0053545_1435748.jpg まず、公開に際し元巨人軍のウォーレン・クロマティ選手[右写真]から抗議を受け、裁判ざたになりました。内容を見れば、そりゃあ抗議もするわね。ストーリー上はクロマティ一切関係ないですけど(笑)。ちなみに作品の中ではライバル高としてバース高やデストラーデ高も登場しますが、この元となっている両選手からの抗議はなかったと思われます。
 さらに、この映画はプロレスラー橋本真也の遺作でもあります。こんな映画が遺作というのもなんですが・・・しかも、ハッスルキングとして出てます(笑)。

 という周辺的な話題はさておき、作品はというと。

 監督は、漫★画太郎の「地獄甲子園」すら実写化した山口雄大。この監督、なんかそんなんばっかし撮ってるみたいですね。
 そして、構成になんと板尾創路。板尾さんは原作を知らず、しかも敢えて一回も読まなかったそうです(笑)。劇中でもマスク・ド・竹之内として登場しております。
 そしてキャスティングが秀逸。全員が原作そっくりです。竹之内役に高山善廣くらいならまだ予想内ですが、フレディ役の渡辺裕之がもうおかしくてしょうがないです。よく受けたなと。さらには阿藤快武田真治(声のみ)など、よくもここまで・・・というキャスト。

 本編のストーリーは大体が原作どおりなので、原作を読んでいるヒトにとってはオチが分かっちゃってるぶん物足りないでしょう。しかし、この実写を見てるだけでおかしいです。
 あと、板尾さんが作ったストーリーも含んでいるんですが、このノリはまるで往年の「ダウンタウンのごっつええ感じ」みたいです。ファンの方は絶対に見るべきです。

 ええと、くだらないので、忙しい方にはお薦めしません(笑)。暇なヒト、かつ「ごっつええ」好きなヒト、おまけで高山ファンのヒトは見るべきです。
[PR]
by rollin_fujiyama | 2006-05-09 01:47 | 徒然山